KOKORO。

7/8
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
ピロロロ 彼の携帯に着信音。通知画面にうつる、明らかに女性の名前。その画面の下の方に表示された“×”を、彼は押す。 「え、いいの?」 「おう、今はお前といる時間だし」 いつでも彼はこうやって、ずるい。だからといって自惚れるわけじゃない。前に私が電話をかける立場だった時があったからだ。もちろん切られた。誰かを特別扱いするわけじゃない、誰にでも特別を見せる彼が少しだけ妬ましい。 「ほら、始まるぞ」 東京から、光が消えるまで、あと30秒。
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!