未確認世界(3)

1/1
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/58ページ

未確認世界(3)

 目を(つむ)った。  あんなに高い所から落ちた自分はきっと死ぬんだと怖くて。  真っ青な空に体ごと投げ出されて真っ逆さまに落ちる感覚、感じたことのない恐怖心。真っ暗い暗闇の中に自分が墜落する物体としての価値の喪失感、それと愛する存在に見放された絶望感、それらが私を切り刻んでいく。  親友は私の手を握り返してはくれなかった。そして心まで突き放すように、私を空高くから突き落としたんだ。  どこまでも落ちる果てのない地獄の底が、人間なんて一瞬で消滅するほど燃えさかる火の海であってほしい。どうせ私は死ぬんだから。  なのに、なのにいくら待っても、私は痛さも熱さも感じることはなかった。痛さも熱さも感じずに消滅したならいいのに。  それどころか私は何かに包まれて、誰かに抱っこされてる気分だった。  私は(おそ)(おそ)るゆっくりと目を開ける。 「あら梓、起きたんだね」  誰だろう。  目を開けた私は本当に誰かに抱っこされてた。  その人は私の名前を知ってる。私を梓と呼んでいる。  ママじゃない女の人。  そっか……死後の世界?走馬灯(そうまとう)ってやつかな。でもそれって自分の人生を駆け抜けるように振り返るんじゃ……。  でも、抱っこ?私を?  どう考えても変だった。もう大人ほど成長した私が赤ん坊みたいに抱っこされてるなんて、おかしすぎると思った。  やっぱり現実ではないみたい。 「まだ眠たかったかい?」  私は首を横に振る。  いま私のこの目に映るのはきっと、この女の人の顔と、いっぱいの青空。  頭を少し起こすと、そこは草花なんかの緑がいっぱいだった。たぶん見たことないけど、公園かどこか。  え?ウソでしょ?  目を疑った。  私は子どもだった。手足は短くて小さいし、立ち上がった視線は座ってる大人と変わらない。でも自分だってことは分かる。なぜなら、履いてる靴も着てる服も、自分の記憶にあるプリキュアのキャラクターのものだから。  こんな走馬灯もあるんだ……そんな風に考えた。子どもの頃の記憶を振り返ってるんだ。  とても天気がよくて、敷かれたレジャーシートもプリキュアで、ピクニックに昔よく使ってたことも思い出した。 「あっ、ボール……」 「はいはい、ボールね、梓の好きなボールね」  私は声まで子どもだった。小さい頃に遊んでたジバニャンのゴムボール、もう忘れてたから懐かしかった。  また遠くで誰かが私を呼んでる。 「梓ちゃーん、梓ちゃーん」  ママの声だ。やっぱり自分の幼少時代なんだ。 「あーずーさー」  パパの声もした。  周りを見た雰囲気は公園っていうか、キャンプ場? 「梓ちゃん、起きたのね」 「梓、ほらカワイイイ竹の子だろう」  パパもママも若い。 「梓ちゃん、4人でお散歩に行こうね。アスレチックもあるみたいだよ」  私たちはキャンプに来てるんだ……どこのキャンプ場だろ、物心(ものごころ)ついてからキャンプになんて来た記憶ないな。なんでだろ……。  広いキャンプ場には、ウチのほかにもポツポツと人が見える。山林に囲まれて流れる川のむこうにアスレチックの遊具がある。  アーチになった石の橋、透き通ってる川は泳いでる魚も見えるくらい水がきれいなんだ。  子どもの私が言った。 「あ、ちょうちょ」 「ほんとだ、珍しいルリシジミかな」 「青いね、綺麗な瑠璃色(るりいろ)だね」  ママの言葉にパパが答える。  だけど私からはその綺麗な色が見えなかった。少し近付いて蝶を見たかった。 「あっ!ボール!」  蝶を追った私は、ジバニャンのボールを足元に転がしてしまった。  蝶も見たかったけど、宝物のボールだったから……でも。  ママが叫んだように聞こえた。 「梓ちゃん!!」  えっ?!  さっきと同じ感覚。  落ちる感覚。  うそ、ヤバい。  私の目には、転がるボールがスローモーションになって見えた。  そのまま私はボール追って川に落ちた。  冷たい、苦しい、体が動かない。  水の中は深く深くどこまでも薄暗い、バケツの中に落ちた小さな虫のように私を動けないように()み込んだ 「死ぬ?」  水中に亀がいた。亀にそう聞かれた気がした。だけど私にはもう何も決める力はなかった。 「梓!!」  私は誰かに抱っこされた……さっきと同じ抱っこ。水中から抱きかかえられ、そして川中の岩の上に載せられた。  なのに……。 「おばあちゃん!!」  私はその人のことを叫んでいた。
/58ページ

最初のコメントを投稿しよう!