酔い潰れ

1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

酔い潰れ

 スゥー。 冷たすぎる外気を身に感じ、既に人気のない暗闇な公園のベンチで俺はタバコを吸う。 厚着のジャンバーに首元を縮め寒さから隠れる。 そして、何本目なのかわからないタバコを吸っている。 煙が口から肺に渡る感覚。 そんな瞬間が堪らなく心地いい。 しかし、体に悪いことは既に理解していて、自分にとって害なこともわかってる。そんな事のせいで気分が曇る。 これは、世界のせいだ。 タバコを辞められないのはこの世界がこんなものを作ったからで、タバコという形も定義も、理由も意味も。 世界が決めたのが悪いだろう。  不満や文句を溜めた息を吐くように、白い煙を吐き出せば、この世界が一つ汚れる。 そんなことも、悪いのはぜんぶこの世界だ。  こんな考えをしだすのは決して憂鬱だからでは無く、その逆だ。  何時しか作曲家を目指して、何時しか会いたい存在を目指した。 そんな数年間がようやく報われるというのだから、気分が上がるのも真面だろう。  高校は2年目で中退し、進みたいものへと真っ直ぐに進む為に家族を利用し、金を利用し、友達を裏切ってきた。 幾度道を外れたかなんて覚えてはいない。 ただ、今こうして幸せを感じられるのはどうしてか。 そうだ、何時か言っていた。 「幸せになりなさい」 そんな親の言葉、世界の言葉が味方してくれてるからだ。 どうしてここまで、成功者に優しい世界なんだろうか。 「はぁー、うける」 笑いが肺から出る感覚も心地がいい。  明日に俺は会う。 俺が信じてきた人達と会う。 夢がまた一つ叶う。 そう言えば、俺の夢はあと何個だっけか。 「わっすれたな」 数年前に思い描いた夢の数なんて分かる訳もなく。 悪に塗れたように、それとも黒に塗られたように笑う俺の姿なんて、誰も見てはいない。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!