5話

4/15
156人が本棚に入れています
本棚に追加
/52ページ
天王寺はそっと腰を持ち上げると、俺にとんでもない格好をさせた。尻を突き出すような格好の四つん這いにさせたんだ。 しかも、手早く俺のズボンと下着まで引き下ろして、脱がせて。 「やだッ……、天王寺! ……やめ……ぁっ」 腕が拘束されているため、俺は逃げることも自由に動くこともできず、獣みたいな格好にさせられ、限界まで首をひねり天王寺を睨む。 こんな恥ずかしい格好させるなと睨みつけた俺に、天王寺は悪びれた様子もなく迫る。 「気持ちが昂るとはまさに今」 「何言って……ん、んんんっ……」 首を捉え、天王寺が荒々しいキスをしてきた。噛みつくように唇を奪われ、天王寺の舌が俺の舌を絡めとりながら、口腔内を好き勝手に蹂躙する。 どちらともいえない唾液が俺の顎を滴り、シーツに染みを作る。 背後から襲われるように奪われる唇に翻弄される俺は、密着する天王寺の硬くなった熱を肌に感じて、身体を強張らせる。 「…っあ……、はっ、押し付けんな……んぅ、ンンっ」 「拘束し、独占している背徳感は甘美な美酒も同じ」 「な……っ、あぁ、嫌だって……ぁあ……」 天王寺は高ぶる高揚感を抑えられないと言いつつ、ベッドサイドのテーブルより何かを取り出すと、それを手に塗り付け俺の昂ぶりに塗りつけるように撫でる。 ぬるぬるとした感触が快感を増し、俺は腰を少し高く上げてしまう。 「そなたを支配しているという感覚が、たまらぬ」 腕に巻いたネクタイと服の上からなぞる様に手を滑らせた天王寺は、拘束して動きを封じた俺の姿に激しく欲情すると、恥ずかしげもなく告白する。 根元から先端に向かってゆっくり撫でられていたそこは、急激にスピードを速められ、呼吸が荒くなる。 「は…っ、あっ、ああ……やっ……」 「一度出すがよい」 身体を捩って、限界まで快楽に抗う俺を逃さぬように、天王寺は首筋を甘噛みしながら、刺激を強め、先端を執拗に擦りながら強く握りこむ。 追い立てられるように熱が生まれ、俺は恥ずかしくも腰を高く上げてしまう。 「あっ、く…ぅ……、もう、だ、……め……ぁあッ!」 弾けさせた熱が天王寺の手を濡らし、シーツを汚した。溜め込んでいた熱を吐き出し、俺は力なくベッドに沈んでしまったが、その後ろで不穏な音がして首を後ろに回せば、天王寺がベルトを外している光景を目の当たりにしてしまった。
/52ページ

最初のコメントを投稿しよう!