第4話

1/5
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/371ページ

第4話

一週間後。 それぞれが受験への準備を着々と進めている中、ユリカは置いてきぼりをくらっているような気持ちだった。 何も考えず、ただ楽しく過ごしたい。 先のことは考えたくない。そう願っていた。 そんな中、席替えが行なわれた。 席番号の書かれたくじが回ってきた。 くじの番号と、黒板に書かれた座席表の番号に合わせて移動する。 気心知れている人達がほとんどとはいえ、それでも期待と不安が入り混じるのが恒例だった。 ユリカの席は窓際の一番後ろ。当たりを引いたと周囲に自慢している。
/371ページ

最初のコメントを投稿しよう!