ことの始まり

1/4
355人が本棚に入れています
本棚に追加
/612ページ

ことの始まり

「・・・・ごめん。 悪いけど、 市倉のこと、 女の子として見れない。 いや、だって無理でしょ。」 中学校を卒業する時、 私、市倉 梓 (いちくら あずさ)は ずっとずっと 片思いしていた人に、 勇気を振り絞って 告白した。 そしたら、 こんな返事をもらった。
/612ページ

最初のコメントを投稿しよう!