Lesson1:憂鬱な三十歳

1/17
203人が本棚に入れています
本棚に追加
/107ページ

Lesson1:憂鬱な三十歳

とあるカフェで、コーヒーを注文する。 仕事終わりの日課になっていた。 大勢で賑わうカフェは、可愛い女性店員さんと、若い男性のやり取りを見ているだけでも羨ましい。あんな時もあったな、と思いながらコーヒーを飲むと、ほろ苦い味が胸の中まで広がったようだった。 花巻いずみは、大学を卒業してから事務職に就いてもう八年になる。仕事もそつなくこなし、別にこれと言って悩みもない。三年付き合った彼までいる。 今までの人生は順風満帆と言っても過言ではなかった。 しかし、心は荒んでいく一方、である。 その理由は、何かが「満たされない」のだった。 仕事は頑張ってはいるが、この仕事がとんでもなく好きかと言われるとそうでは無い。今日は後輩が仕事のミスをしてしまって、その解決のために上司と話し合いをしてきたところだ。後輩が言うには、 「先輩みたいにはうまくできません」  との事だったが、どうにもいずみには後輩の気持ちが理解できない。しかし先輩の意見は、 「花巻の教え方にも問題があるんじゃないか」  そんな風に言われ、自分でもどうしたらいいか分からないのだ。でも、日常を奪われるほど仕事にのめり込むのも何かしゃくに障る。板挟みのまま、いずみはのらりくらりと忙しい日々を過ごしていた。 彼氏といえば、三年も付き合っていれば「なあなあ」な関係にもなってしまって、昔に感じたときめきのようなものは薄れている。そろそろ結婚しても良い歳ではあるが、そんな話が出ることはお互いに無い。 正に、だらだらと続くだけの日常なのであった。 ふと、LINEを見ると彼からのスタンプが入った。熊が走っているスタンプなのだが、その後に続いて「いずみ、今日そっち行っていい?」と文章が続く。 今日、彼はうちに来たいようだ。別にいつものこと、日常の何気ない事である。 「どーぞ」 と一言打って、いずみはハートをたくさん振りまくウサギのスタンプを送った。
/107ページ

最初のコメントを投稿しよう!