ひとひらの、世界。

貴方に、お願いが、在るのです。

桜樹璃音

25分 (14,835文字)
こちらのお話は「Birds’ Wind Orchestra」第1回 定期演奏会とコラボさせていただいた短編です。

7 80

あらすじ

「…………いつか、どこよりも、美しい星空を見に行こう」 「きっと、……この星空が、いちばん綺麗、」 「絵を描く君」と「言葉を紡ぐ貴方」の優しくて残酷な、あたりまえのおはなし。 Birds' Win

感想・レビュー 1

ふたりで紡いだ、ひとひらの、世界。

ふたりだけの世界が、どこか知らない誰かの胸元に美しい花を咲かせるとき、哀しみも絶望も抱き締めた部屋に、朝陽が射し込む。 当たり前のありがたさと切なさを噛み締めて、今日という日々を散るその日まで生きて
ネタバレあり
1件3件

この作者の作品

もっと見る