参 名を知らぬひと 29.選択(後)

1/1
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

参 名を知らぬひと 29.選択(後)

 どちらからともなく近づいた顔に、引き寄せられるように唇があわさる。瞳を閉じ、意識の境目が蕩けるほど深く、相手のことだけに集中した。  ……好き。  だいすき。  触れられなかった、生きていた頃よりも。  無惨だった死のあと、今のほうがずっと幸せだと思う。けれど―― 「天音」 「……ん?」  つ、と。  青年が、少しだけ距離をとる。伏した長い睫毛が(やわ)く頬をくすぐり、互いの鼻の頭は触れたまま。どこまでも優しいぬくもりが肌を伝う。  切なさだけで、もう一度死ねるんじゃなかろうか、と。  天音は埒もないことを考えた。  あまやかに下唇を()んだ烏が、見透かすように淡く微笑む。 「やっぱ、お前って泣き虫なのな」 「うるさい。へたれ烏……! 何で()()()()姿を消したの。せめて……」 「せめて?」  さら、と弄ぶように右手指が耳下からうなじの髪を()いた。そのまま耳朶と首筋を、なぞるように愛撫される。  天音自身の右手は今も畳に縫い付けられている。  振りほどく気はもちろん、ない。  ――目が。胸が。喉元が。  死んだ瞬間のあのときとは違う。ぎゅっ……と、締め付けられるようにつらい。いとしさがこみ上げ、涙と嗚咽が勝手に(あふ)れた。  このひとが好き。  ――ずっと。ずっとこうしたかった。間近で声を聴きながら、思うままに触れてほしくて。  (このひと)のことだけ、感じていたかった。 「あ」  肩を引き寄せられ、そのまま抱き込まれる。たちまち広い胸に体重を預けるはめになり、両の(かいな)に包まれた。  容易く溶け込む幸福感に、頭の芯が酔いしれる。  ――……普通の死者では、ありえない。  みずからが魂を削ってまで作り出した異界だからこそ可能な力業(ちからわざ)。  それだけ、このひとを欲していた。  ()()に、命も何もかも奪われたからこそ、ささやかだが譲れないもの。  (からだ)の真芯が疼く。半ばひらいた唇。もの言いたげなまなざしで見上げている自覚はあった。  案の定、(おとがい)に指をかけられる。のけ反るほど上向かせられ、落とされた口づけをあまく受け入れた。 「……ちょっと、休むか?」 「いい。……そもそも、まだ眠くない」 「そ? 残念。見せつけてやろうと思ったのに」 「? え、……誰に?」 「総史(そうし)……だったか。お前を殺した奴。だいぶ前から“夜”に紛れ込んでるだろ? いっつもこっち視てるし、だんだん強くなってる。すげぇ厄介だよ」  言うや否や、スゥッ……と烏の指先が天音の胸元に触れた。 「! ん……っ」  返事も許さない、噛みつくような再度の口づけ。どさくさに紛れ、器用に着物の(あわせ)をまさぐっている。こじ開けられた歯のあいだから差し入れられた熱い舌に、いいように翻弄された。  (…………だめ。ここで流されたら、またうやむやにされる……!)  必死で。なけなしの理性で天音は身を(よじ)った。その、僅かな隙に問いかける。 「あ、ぁあのっ!! そういうのよくないと思う。そ……総史、さんは……今も会いたくない。でも、会わなきゃ」 「ふーん? 俺との逢瀬より?」 「!?」  ――来た。烏お得意の混ぜっ返し術だ。今まで何度、この手に乗ったことやら。  天音は、大仰にため息を吐いたみせた。  本気で落としにかかっているとき特有の熱を帯びた眼差しに、あえて微笑みかける。  笑みながら、つきん、と痛む胸をおさえて。 「好きよ、烏。生きてた頃も、死んだあとも。比べようがないし、あんたさえ居たらいいと思う。……でも」  鬱金色の視線を落とす。  きゅ、と瞑目し、軽く唇を噛んだ。 「総史さんを、狂わせたのは……あぁまで、させた因果のもとは私にもあるの。かれなりに出した結論――落とし前が、“澪”としての私を殺すことだったなら」  ちり、とわざと音を鳴らす。左の手首にきつく巻いた、朱色の糸の綺羅の鈴。  ……多分、できると思う。喚べる。確証はないけれど。 「私は、かれを解放しなきゃいけない。でないと、()()()()()()()()。会いたくないけど、会わなきゃいけないって、ずっと思ってた」  右手の指で、そっと鈴に触れる。温もりを吸ってすっかり肌に馴染んだ金色のそれ。  顔を上げ、(まなじり)をつよめる。挑むように烏の、深い色合いの瞳を見つめた。  あわいさの茶屋は、もう閉店かもしれない。けれど、()()をつけないまま、ここで“澪”だったころの残滓(ざんし)に取りすがって霞のように消えるより、ずっといい。 「ごめんね、烏。……見つけてくれて。偶然だったろうけど、ありがと。これで充分ってことはきっと、ないだろうだけど……ずっと、あんたと一緒に居たかったけど。わざわざ危ない橋渡ってまで私に《過去観》させたのって、つまり『そういうこと』よね?」  ひた、と見据える。  言い逃れも誤魔化しも許さない。  ながい、ながい根比べに先に音を上げたのは―――― 「……っはぁぁああ…………くそっ!」  長大なため息をつき、くしゃくしゃと自身の髪を掻き乱す烏天狗の青年だった。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!