タネなしブドウ

1/6
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

タネなしブドウ

「君たちの仕事はとても簡単な作業だ」  薄暗いコンクリートの壁に反響し、工場長の声が響き渡る。  工場内には長いローター式の機械が道のように室内を埋め尽くしている。 「これは『ベルトコンベア』という。この上には『タネなしブドウ』が流れてくる。君たちは各配置につき、ブドウを一房ずつ箱詰めする作業をしてくれたまえ」  それが、僕がこの仕事についたときに受けた最初の説明だった。 『タネなしブドウ』。  それを箱詰めする作業が、僕の仕事だ。  僕は毎日、ベルトコンベアの上を流れてくるブドウを丁寧に箱に入れていく。   「タネなしブドウって、どうやって作るんだろう」  箱に入れようとしたブドウを眺めて、ある日ふと、そんな考えが浮かんだ。 「……おまえ、手が止まっているぞ」  背後から主任の声がする。 「申し訳ありません。いま箱に入れるところです」  僕は持っていたブドウを箱に入れる。  主任はそれを確認すると、巡回の続きに戻った。去っていく姿を、僕は横目で確認する。  主任が遠くに行ったのを確認し、いつも隣で作業をしている同僚に声をかけた。 「ねぇ、タネなしブドウってどうやって作るのかな?」 「…………」 「ねぇってば」 「……手を動かせ。見つかったらタダじゃすまないぞ」 「……わかった」
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!