第一章 『シンデレラはガラスの靴をk点に向かって全力で投げた』

1/1
654人が本棚に入れています
本棚に追加
/940ページ

第一章 『シンデレラはガラスの靴をk点に向かって全力で投げた』

ふわふわした栗色の茶髪。 猫みたいにキラキラした瞳。 つやつやの肌。 見上げる様な長身に、綺麗な指。 ワイシャツの袖からのぞく、逞しい手首。 彼はその昔、私の職場で王子と呼ばれていた。 性格も良くて、社交的で、だから自ずと絶大に人望が厚くて、将来有望なエリート。 本社営業部のエースだった。 社内の女子を次々と胸キュンさせ、赤面させ、恋に落とした超絶イケメンな先輩。 名前は、冬野 由貴(とうの ゆき)。 私は、彼の事が好きだった。 初恋だった。 でも、私は地味で根暗で残念だった。 所謂、人間社会に置いてモブ(脇役)に属する役柄が相応しい。 分かっている。 すみません、神様、フェアリーゴッドマーザー。 これは何かの間違いです。 私には、ガラスの靴もドレスも魔法もノーセンキュー。 寂しくても、虚しくても、文句言いません。 だから。 神様、お願いします。 私の地味で根暗で残念な毎日を返してください。
/940ページ

最初のコメントを投稿しよう!