プロローグ

1/3
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/50ページ

プロローグ

「キィンッ」  暮れなずむ空に向かって、快音が響き渡る。男ばかりの野太い声に混じって、グラウンドの隣でバレーをしていた女子からも、にわかに黄色い歓声が上がる。僕はいい気になって、全速力で一塁ベースを蹴ると、砂煙を上げながらそのまま二塁目指して一直線に走り抜けた。 「おっほぉ~!飛んだ飛んだっ!!」  まぶしいからなんだろうけど、大げさに額に手をかざしながら、圭介は飛び立つ旅客機へ敬礼するかのように、ホームランボールを見送った。ちょうど僕が三塁ベースに差しかかろうとした時、サードの憲ちゃんが、そんな圭介を大声で野次る。 「打たれてるくせに、のん気な事言ってんじゃねぇよ!」  これには圭介も、負けじと応戦する。 「よっく言うぜ。自信満々でピッチャーやったくせに、あんまりパカパカ打たれるから、オレが仕方なく投げてやってんのによ」  にじりよる憲ちゃん。 「あー?何か言ったか、圭介」 「いや、なぁんにも。初回に3点も取られてちゃ、そりゃ野次りたくもなるだろうなって、言っただけさ」 「バカ。俺はホームランなんて一本も打たれてないんだよ。皮肉言ってごまかしたってムダムダ」 「はいはい、ごまかしてんのは憲ちゃんだろ」  圭介と憲ちゃんが火花を散らしているうち、ホームランゾーンからセンターがバックホームに送球してきた。だけど、もちろん僕はとっくにホームイン済み。元々2塁にランナーもいたから、2得点の働きだ。  とその時、センターの投げたボールが、ちょうど圭介の頭部めがけて飛んできた。 「危ないぞ、圭介っ!」 「だから始めっからオレが投げてりゃこんな……」  憲ちゃんの方へよそ見していた圭介は、僕が声をかけたのとほぼ同時にボールに気づく。 「おわっ」  瞬間、圭介は頭を大きく振り下ろし、すんでのところでこれをかわした。 「あっぶね~」  当たってもいない後頭部をさすりながら、地面にバウンドしながら転がるボールを見つめる。相変わらずの、反射神経だ。僕だったら今頃、頭を抱えて悶絶していただろう。 「ナイスセンター。いい肩してるな、惜しかったぜ」  謝りながら圭介にかけよってきたセンターの背中を、ポンッとたたきながら、憲ちゃんは嫌味たっぷりにそう言った。圭介が、僕の耳元でぼそりと囁く。 「憲ちゃんの場合、本気で言ってそうだから恐いよな」  僕は、大げさに鼻で笑ってみせて、それに応えた。  夕暮れ時、ゆるやかで長いこの坂道は、薄紅く染まったパノラマの町並みを見下ろせる、この村屈指の絶景スポットだ。金曜日というせいもあって、特に週末に予定があるわけではないのに、その景色は僕の心を、至極軽やかに高揚させる。例年通りうっとおしい暑さに彩られた夏もとうに過ぎ去り、今はもう、10月半ば。早くも冬休みが待ち遠しくなってきているという、あいも変わらない今日この頃。 「あ、金木犀」
/50ページ

最初のコメントを投稿しよう!