残夢に揺蕩う

祖母の死の理由を求めて、私は今日も仕事へ向かう

野村宗治

4分 (2,269文字)
公式コンテスト「この仕事を始めた理由」応募作品

8 157

あらすじ

母の表情が乏しくなったのは、思えば祖母の葬式あたりからだろうか。 ぽっかりとと穴が空いたかのように母の中から何かが掻き消えた。 祖母の死の理由を求めて、私は今日も仕事へ向かう。 2020/12/1

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品