はじめてのつぎの日

8/11
265人が本棚に入れています
本棚に追加
/198ページ
「気にすんな、そりゃ俺だってせっかくの夜を棒に振ったとは思うけどよ」  爽やかにフォローをいれてはいるが、要はヤリたかったというアピールである。 「迂闊だった。こんな機会はめったにないのに!」 激しく落ち込む芳野に、猛然と愛しさがこみ上げてきた。そうかそうか、と抱きしめたくなる。大地はさっそく上着を脱ぎかけた。 「俺は今からでもいいぜ」  だが、芳野はそんな大地を押しのけて窓辺に立つと、太陽に向かって大きなため息をついた。  照れ屋か。可愛いじゃねーか。大地はその背中を微笑ましく見守る。しかしこれに続く芳野のまさかの大胆発言に大地は動転した。 「カメラを用意すべきだった。大切な夜だったのに」 「ちょ、そこまではいいんじゃねえの? 確かに記念すべきものだけど動画はさすがにマニアックってか……でも、まあどうしてもっていうなら……俺もオカズ用にもらっとくけど、でもよ、それはこの次でよくねえか。まずは突っ立ってねえでやろうぜ。な?」 大地は話しながら赤くなり、焦りがちに自らのTシャツに手をかけた。 6a025c46-657e-432f-90af-cb92f8443d26
/198ページ

最初のコメントを投稿しよう!