1.みんぶ

1/11
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/140ページ

1.みんぶ

「暇ですね」 「ああ」  活気の無い部室は古い棟の二階の端に有って、隣のサークルの部室とはついたてて仕切られている。今年度もこの杉山大学フォークダンス部は部室を一応確保しているが、このついたても以前はもっとあっちのほうに有ったと思ったのに、気が付くと何故かじわじわとこっちに寄ってきている。隣のジャズダンスサークルのブースは人が出払ってしんとしているものの、新入部員がたくさん入ったとみえて、荷物が所狭しと積んである。どう考えても隣が勢力に任せて自分のところの面積を拡張しているのだが、気が付くと人数差に相応しいブースの面積比になりつつあるのだし、それに対して文句を言う程の気力がこちらの部長にあったなら、今頃ろくに活動もせずこんなのらくらしているわけがない。そう、これは部長のやる気の無さがいけないのだと、二年女子、角倉桃子は思った。  今のところ姿を現す部員は、三年の部長兼指導部長兼渉外部長の東条重美と、二年で副部長兼指導副部長兼渉外副部長の角倉桃子、以上、二人。もちろん、部室がもらえて同好会ではなく大学公認サークルとして認めてもらっているのだから、部員は他にもたくさんいる。……ことになっている。要するに幽霊部員が全構成員の七十五パーセントを占めているなんともルール違反のサークルなのだ。それもこれも、昨年度の四年生が問題を起こしながら後始末できないまま一斉に卒業してしまったせいだ。
/140ページ

最初のコメントを投稿しよう!