いつか、なんて日はもう来ない

1/1
132人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

いつか、なんて日はもう来ない

「ごめん。今度必ず埋め合わせするから」 神妙な顔をして私の彼氏が私に言った。 明日のデートをキャンセルしたいらしい。 ここ最近、何度も聞いた台詞である。 「どうせまた、あの子でしょ」 「またって……そんな言い方するなよ。あいつは今、深く傷付いているんだ」 彼氏の返しにカチンと来る。 じゃあ何か。 約束を破られる私は傷付かないのか。 「あいつが俺を頼り過ぎな面はあるけど、でもそれは幼馴染だからだよ。決して男女の情はないし俺は妹みたいに思っている。だから相談があるって泣いて言われると……突き放せない。ごめん」 幼馴染……ね。 私の入り込めない絆を持ち出すのはズルいと思う。 今ここで、その幼馴染やらと同じく泣き喚いて縋ったら、彼はどんな答えを出すのだろう。 友達の定義は幅広い。 親友の定義は友達よりも濃密な関係を示すものだけど、人によって解釈が異なる「幼馴染」という立場は摩訶不思議としか言いようがなかった。 誰かはそれを友と呼び、親友と呼び、昔の知り合いと呼び、悪縁と呼ぶ。 私の彼氏は「幼馴染」を妹と称し、家族のカテゴリーに位置付けた。 逆に言えば、家族だから許せ、我慢してくれ、優先してもいいだろうと、甘えという名の押し付けが隠れている。 そこに、私の気持ちは存在しない。 察することもしない。 だから、簡単に約束を破れるのだ。 「今回は譲れないよ……断って欲しい」 「……ごめんな」 表情だけは一丁前に取り繕っているけれど、ごめんと言いながら少しも悪いと思ってないだろう。 毎回破られる約束。 埋め合わせと言いながら、彼氏からその提案が実行されたことは一度もなかった。 つまり、彼の中で彼女の私はその程度。 幼馴染以下の扱いで構わない関係らしい。 ふーん、そうなんだ。 それでいいんだ。 足掻いた結果の玉砕に私の心がスッと冷めていく。 今を我慢すればいいと思っていた。 今だけ譲ればいいのだと思っていた。 悩みは誰にでもある。 相談が終われば元に戻ると、呑気に考えていた自分がバカらしくなる。 だったら私も好きにしよう。 来ない「いつか」は求めません。 今後、貴方に期待することもありません。 彼女以上の存在を作り大事にするのなら、私だって彼氏以上の存在を作るまで。 別れの言葉は言わない。 言ってあげない。 心で下した決別の意味に貴方が気付く日は来るだろうか。 一瞬浮かんだ疑問はすぐに消去した。 関係ないか。 その程度の彼女の気持ちなど。 今を知ろうとしない、汲み取ろうとしないのだから、先なんてあるわけがなかった。 「そう……じゃあ、また今度埋め合わせしてね」 にっこり笑って告げれば、安堵したように表情を緩めた彼氏。ほらね、私の表面しか見ていない。その方が都合が良いからそうしているんだろうけど、見限られたってこと……分かってる?
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!