1875

「1875」の謎を巡る恋愛ミステリー

ジャメヴ

1時間34分 (55,948文字)
理系の作者が書いた恋愛ミステリーです

89 869

あらすじ

速水双六(はやみすごろく)は競馬好きで、どこにでもいる大学生。母親の友人からの紹介で、二泊三日の無人島旅行に参加する。それは、旅費が無料というだけでなく、参加賞として10万円、そして、ゲームに勝てば

感想・レビュー 4

勉強になりました

知り合いに 競馬好きがいましたが 多分 似たような事を言っていたのでしょう。競馬を知らないので その時は 私にはさっぱり、、、 「1875」大変面白く 拝読しました。
8件

関係性

四葉が双六達といい関係になりそうなので良かったです。四葉の名探偵ぶりを 次の作品で見たいです。その時も双六を 登場させて下さいね。
8件

ホッとしました

殺人犯が みんなに手紙で 一部始終を書き 謝ったので 良かったです。
7件
もっと見る

この作者の作品