おまけ的後日談

6/6
279人が本棚に入れています
本棚に追加
/44ページ
「しゅ、たろ、しゃん。(わらち)やっぱり日本酒……以、外と……め、みたいしゅ」 「――そのようですね」  僕はふにゃ〜ん、と(とろ)けたようになった日織(ひおり)さんを抱き上げると、寝室までお連れした。 「ねぇ、。今日は僕の勝ち、でいいですよね?」  ベッドの宮棚に眼鏡を置いて、日織さんのパジャマのボタンをひとつ緩める。  ついでのように2つ目も外しながらそう問いかけたら、「(じゅ)るいのす。こうなるの、分かってらした(くしぇ)に」と、潤んだ瞳をした日織さんが、僕の頬に力なく触れていらして。  僕はその手をそっと包み込みながら、にっこり微笑んだ。 「バレていましたか」  ねぇ日織さん。  どうやら今日も獺祭(だっさい)はお預けのようですね?  思いながら、僕は日織さんの甘さを纏った唇にそっと口付けた。       END(2021/01/03)
/44ページ

最初のコメントを投稿しよう!