1・涙と唇

1/5
6406人が本棚に入れています
本棚に追加
/304ページ

1・涙と唇

 「もう、我慢しなくていい」  耳元で低くそう囁かれた瞬間、千紗子(ちさこ)の目から涙が(せき)を切って溢れ出した。次々とこぼれ落ちる涙は、真っ白なシャツに染みを作っていく。   大きな腕にしっかりと抱きしめられ、厚い胸板に額を付け濡れた瞳を固く閉じる。    「うっ、ううっ………」  閉じた瞳からは次々と涙が滑り落ちていく。けれども反対に、その口からはかすかに(うめ)くような声しか出てこない。  「声を…、何もかも我慢するな。大丈夫だから………」  柔らかなバリトンの声が耳元の空気を震わせる。  背中に回された大きな手が、千紗子の背中をあやすようにトントン、と軽く叩いた。  戦慄(わなな)く唇をキュッと噛みしめて、目の前にあるYシャツを掴む。  まるで「大声を出してはいけない」と誰かに言いくるめられたこどものように、千沙子はかたくなに声を上げるのを耐える。  頬をすべり落ちる涙を流れるままにして、千紗子はきつく唇を噛んだ。  そんな彼女を守るように強く抱きしめていた二本の腕が、前触れもなく解かれた。
/304ページ

最初のコメントを投稿しよう!