今年もお世話になりました<(_ _)>

15/18
78人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
「みんなのいちごだからね?はい、お皿に分けること!」 「ひぃちゃんのぉぉー」 みんなが譲ってくれて沢山いちごを貰った翡翠は大満足で食べているが、「あ、ヨダレ掛け!」と航平が気づいた時には既に胸が真っ赤。 それを見て、結月は大爆笑! 「ヒィーッヒッヒッヒッ!凄いな、この食べ方」 「洗うの大変なんです」 「お前も覚えろ。こう、指をひと振りしたらあら不思議っとな」 スゥーと汚れていた所が綺麗になり、更には体もフサフサ。 「凄い!」 「このくらいなら、式とやらに任せればいい。それよりそろそろ見たいんだが?」 何を?と聞く前に、紫狐が「準備してきますー」とみんなを連れていき、よく聞く音楽と共に、煌輝・紫狐・金・銀・翡翠と出てくる。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!