彼とのこと。

2/32
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/47ページ
 毎晩通っているせいで、もうすっかり店員の顔を覚えてしまった。  夜は三人の学生バイトが代わる代わるシフトをまわしているようで、ギャルっぽいキンキンに退色した茶髪の女の子と対極的に真面目で寡黙そうな眼鏡の男の子、そしてもう一人。  目元にぷっくりした涙袋をもつイケメン男子がいた。  クールにも見える整った顔立ちが涙袋のせいで人懐っこい印象になって、一目みて「これはモテるタイプだわ」と思った。  それなのに髪型には無頓着なようで、いつもいかにも洗いざらしといったような無造作な髪に寝ぐせがついている。  それがなんとも可愛くて、いつもつい目がいってしまう。  私は彼がポスレジやレジ袋に視線を落とす度、ひょこひょこと揺れる毛先を眺めていた。
/47ページ

最初のコメントを投稿しよう!