1

1/3
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

1

「私、盗んでみたいものがあるんだよね!」  陽が傾くオレンジ色の教室で、瞳をきらっきらに輝かせながらサヤカが言った。  サヤカは器用に椅子の上であぐらをかき、背もたれに両手を乗せている。サヤカが話しかけた相手、シズカは、両足をきちんとそろえて座り、机の上に広げた数学の問題集にシャープペンシルを走らせていた。 「へえ」  顔を上げず、無気力に答えるシズカ。 「反応うっす!」  サヤカの声が少し高くなった。教室にはサヤカとシズカ以外は誰もいないから、声が響く。  窓際の真ん中、縦に並んで座る二人。サヤカのポニーテールが夕日を受けて橙色に輝いている。対するシズカの席は、窓枠の影になっていて、額の真ん中から唇の左端にかけて、斜めに明るかった。 「だって興味ないもの」  シズカは問題集から目を離さない。 「興味持ってよ! 親友が窃盗しようとしてるんだから」  サヤカは大きな声で注意を引こうとするが、シズカの視線は問題集に釘付けである。 「どうせ大したもの盗まないんだろ?」 「いーや、大したもの盗むね」 「すごい自信だね」  シズカの目がわずかに上を向いた。 「お、興味持った?」 「全然」  サヤカが嬉しそうに身を乗り出すと、シズカは机を自分の方に引き寄せた。ぎごー、という音が反響し、サヤカは顔をしかめる。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!