忠勝伝6巻《越望の章》

「気を確かにされよ」大喝と共に、忠勝の拳が飛んできた。家康の視界で火花が飛び散る。

達也

歴史・時代 連載中
1時間25分 (50,800文字)
忠勝伝6巻でございます。

150 584

あらすじ

 徳川家を護る為、徳川信康は自らの腹を切った。 悲しみに打ちひしがれながら、家康は心中で改めて武田打倒を誓う。一方、武田勝頼は上杉景勝という盟友を得る。甲越同盟を確固たるものとし、織田徳川に挑む勝頼。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る