新まりなの日記・1【家に帰ってもひとりぼっち】

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/221ページ

新まりなの日記・1【家に帰ってもひとりぼっち】

(昭和53年頃) 5月12日・晴れ 「ただいま…」 アタシは、カギを開けて家に入った。 けれど、家の中にいるのはアタシひとりだけ… 今日もまた、父は泊まりがけの遠距離出張で家に帰ってこない… 母は、一流総合商社で一番に出世することを夢見てエリート街道を走っていた。 この日の夕方のことであった。 帰宅をした母が『ごはんを作るからね。』と言うて台所で晩ごはんを作っていた。 晩ごはんは決まっていつも… アルミニウムの容器のキンレイの鍋焼きうどんであった。 またキンレイの鍋焼きうどん~ アタシは口に出さなかったけど、母は『これからセッタイがあるから…』とアタシに言うて、また外出をした。 家族だんらんでごはんを食べる機会が全くない… アタシの心のさみしさは、さらに深くなって行く…
/221ページ

最初のコメントを投稿しよう!