1/1
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/196ページ

 魔導書(グリモリオ)――  それはこの世の森羅万象に宿る悪魔(デーモン)(※精霊)を召喚し、彼らを使役することで様々な事象を自らの想い通りに操るための方法が記された魔術の書である。  (いにしえ)より、このエウロパ世界の宗教的権威として君臨するプロフェシア教会(預言教)と、そのプロフェシア教を国教とする国々では「悪魔の力を借りる邪悪で危険な書物」として魔導書の自由な所持・使用を厳しく禁じてきた……。  だが、二世紀ほど前より始まる〝古典回帰運動(リグレッシォネ)(※古代イスカンドリア帝国時代の文芸を復興しようとする動き)〟を契機として、この教会の方針に疑問を感じ、より自由な魔導書の利用を求めて非合法に所有する者達が現れ始める。  そして、大海洋国家エルドラニア帝国が海の向こうに未知の大陸〝新天地〟を発見し、新たな時代の幕開けを予感し始めた聖暦1580年代末、そんな人々の育んだ地下水脈は、この禁書政策に公然と反旗を翻し、秘蔵の魔導書を奪ってはその写本を流布する悪党(・・)の出現へと結実する。  その悪党……〝新天地〟の海を荒らし回る海賊の名は「禁書を開ける秘密の鍵」――〝禁書の秘鍵(ひけん)団〟という……。
/196ページ

最初のコメントを投稿しよう!