無垢と足跡

雪に足跡をつける。その刹那が無性に嬉しい。そんな時が、僕にも確かにあったのだ。

はじめアキラ

3分 (1,300文字)
たまにはヒューマンドラマで、雰囲気を重視した超短編をやってみたくなったのです。

1 3

あらすじ

「ちょっとシュウヤ!あんまり走っちゃダメ、転ぶわよ!」 「わかってまーす!」  の天気予報を見てから、ずっとわくわくしていた。  日曜日の朝、僕はいつもの休みの日よりも早起きして、手早く着替えるとそ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

あの曲が頭の中に

"もう一度子供に戻ってみたい" あの曲の歌詞が頭の中に浮かんできました。大人になると変わってしまう感じ方というのもありますよね。
1件1件

この作者の作品

もっと見る