ひとりたび

これは、明日へと踏み出す勇気をもらう旅。

ウミユリ

7分 (3,879文字)
コロナで旅行が出来ない皆さん、この小説で旅気分を味わってください。

6 350

あらすじ

何事もうまくいかずパサパサとした日々を送る彩。生活や自分に対して嫌気がさしていたのだが、駅でポスターを見たことで飛騨に行くことを決意。飛騨での体験を通し、彩の心はじんわりとほぐされていく。 ※インタ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません