ツクモガミとお片付け

5/5
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
 駅を出て空を見上げると、雪がチラチラと舞っている。  大きな荷物を持って、晴香は歩き始める。  正志の実家は、駅から晴香の家に向かう道のちょうど真ん中くらいだ。  久しぶりに家の前に立って、二階の正志の部屋の窓を見上げる。いつもここから手を振ったら、降りて来てくれたっけ。  晴香は本の入った紙袋を手に取った。  ――半年間仕舞っておいたこの気持ちを、ちゃんと片付けよう。 「大丈夫よ。頑張って」  紙袋の中から、小さな声が聞こえる気がした。  カタン。  ポストに本が落ちた音と同時に、ドアが開く。  そして驚いて目を見開いた晴香の目の前に、懐かしい正志の顔が……。  ―了―
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!