プロローグ

1/4
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/184ページ

プロローグ

1f2a90f4-d980-4953-9b19-60cff92a81ba 06da6a30-e939-402b-83a4-2b8b24a63b1c(だれ)だろ……助けてもらおうとして(さけ)んでる……」  (かさ)をさした少年は空を(あお)いだ。  暗く重く、のしかかるような雲が空を(おお)いつくしている。  まだ昼中だというのに、夜のように暗い。  その雲が、さらに重いのだといわんばかりに大粒(おおつぶ)の雨を地上へと(そそ)()む。  それは(たた)きつけるような強さで、(かさ)に穴が開くのではないかと心配になる。  道行く人の気分は憂鬱(ゆううつ)な夜の帰り道のようだ。
/184ページ

最初のコメントを投稿しよう!