プロローグ

1/3
476人が本棚に入れています
本棚に追加
/112ページ

プロローグ

セミが鳴き、本格的な夏がやってきた。 「政宗くん、好きです。」 決死の思いで告白した中三の夏。 真っ赤になりながら必死に訴える私に、一瞬びっくりした様子で、それでもありがとうと優しく笑った政宗くんは二十一歳。 全くもって本気に取ってもらえなかった。 私はまだ子供なんだと思いしらされた、夏。 それでも必死に取り繕って、いい子を演じた。 「そう、そうだよ。お兄ちゃんの友達としての好きだよ。だからこれからも遊んでね。」 って。 そうしたら政宗くんは、 「もちろん。俺も小春が好きだよ、受験頑張ってね。」 って。 一見甘そうで、とんでもなく苦い思い出だ。
/112ページ

最初のコメントを投稿しよう!