第3話 七星神狩

4/32
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/106ページ
「ただいまぁ」  家の玄関を開け、靴を脱ごうと下を向くと、見覚えのない靴が一足並べられていた。男物の革靴だ。まさか、と顔を上げると同時に、リビングからひとりの男が姿を現した。 「おかえり、神狩」 「……漣!」  そのすずしげな微笑みを見て、神狩は慌てて背筋を伸ばした。急いで靴を脱ぎ、彼の微笑みに顔を近づける。 「もう来てたの?」 「ついさっきだよ」  黒乃漣(くろのさざなみ)は眼鏡の奥にある目を細め、神狩を上から下まで見渡した。 「久しぶりだね。制服、似合ってるよ」 「あ、あり、がと……」  ストレートな褒め言葉に、神狩は頬を赤く染めた。この男はいつもそうだ。嘘偽りのないまっすぐな言葉で、優しく心をあたためてくれる。心臓がどきどきして、胸がきゅっと苦しくなる。ふたりの会話を聞いていた花梨が、あきれたようにせせら笑った。 「言っとくけど、私も言われたからね」 「うっさい!」  茶々を入れる妹を一喝して、神狩はリビングの椅子へと腰を下ろした。テーブルの上には母が作った夕食が並べられている。ローストビーフなんていつもは出さないくせに。漣が来ると気合いが入るのは、神狩だけではないようだ。 「すいません、気を遣わせてしまって……」  向かい側に腰かけた漣が、料理を運んでくる母に申し訳なさそうに言った。 「あら、全然いいのよ。漣君が来てくれるだけで嬉しいわ」  だらしなく口元をゆるませる母に、神狩と花梨は顔を見合わせて息をついた。漣が来るといつもこの調子だ。
/106ページ

最初のコメントを投稿しよう!