塁のふしぎな日曜日

6/6
33人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
目の前には、何か大きな木箱が置いてある。 なんだろう? 虎はただ黙って、そこに伏せたまま。 俺は、その蓋をそっと開けてみた。 ちょうつがいで繋がったその蓋を開けると、微かな光でも輝く金銀や宝石が山のように入っている。 うそ!? こんなの初めて見た。 俺はキラキラ輝く透明な石を一粒手に取ってつまみ上げる。 遠くの光を受けてキラリと輝くそれは…… もしかして、これ、ダイヤモンド? 本物なんて、初めて見た。 「虎さん、これ、もらっていいの?」 俺は虎に尋ねる。 虎は、素知らぬ顔でただそこに伏せている。 「ダメって言わないんだから、いいのかな?」 俺は、ダイヤを一粒だけポケットに入れた。 全部を持って帰るのは無理だもん。 たくさん持ってたら、この湖を渡る前に沈んじゃう。 その時、ふと箱の蓋を見ると、内側に見覚えのある地図を見つけた。 「これ……」 俺は、さっきしまった地図をリュックから取り出した。 広げて並べてみる。 同じだ! 持っていた地図の赤いところに触れ、比べるように箱に貼ってある地図の赤いところに触れた。 その時、また地面が大きく揺れた。 えっ!? いってぇ…… 気づくと、俺はお社の賽銭箱と格子戸の間で横になっていた。 あれ? なんで…… 状況がよく飲み込めない。 俺は、腰をさすりながら、ゆっくりと立ち上がる。 石段を下りて、空を眺めると、お日様は真上に来ていた。 あれ? お昼? その時、 「おい、(るい)! 何してたんだよ! ずっと公園で待ってたんだぞ」 大きな声で名前を呼ばれて驚いた。 そこには、今日遊ぶ約束をしていた友人3人の姿があった。 「あ、ごめん、ごめん」 俺は、よく分からないまま、謝った。 あれは、夢だったのかな? ただ半日、あそこで眠ってただけ? よく分からないまま、みんなと帰ろうとして、違和感に気づいた。 「塁、なんで足、そんなに濡れてるんだよ!」 俺のズボンは膝下がぐっしょりと濡れていた。 やっぱり夢じゃなかった? でも、なんて説明していいか分からない。 「さっきそこの池にはまって……」 俺は、神社の横にある池を指さした。 「げっ、マジか! 鈍臭いなぁ」 3人はケラケラと笑う。 ま、そうだよな。 俺だって、池にはまったなんて聞いたら、笑うもん。 俺は、3人と連れ立ってそれぞれ家路に就いた。 家に着くと母さんに散々呆れられ、叱られ、着替える羽目になった。 けれど、ズボンを抜ごうとしたその時、硬いものが手に触れた。 ポケットを探って出てきたのは、朝、突っ込んだせんべいではなく、キラキラ輝くダイヤモンドだった。 やっぱり、本当だったんだ! 俺は、パンツのまま二階へと駆け上がり、それを机の引き出しへとしまった。 この日の不思議な思い出とともに。 このダイヤが、20年後、誰の指を飾ることになるのかは、また別のお話。 ─── Fin. ─── レビュー・感想 ページコメント 楽しみにしてます。 お気軽に一言呟いてくださいね。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!