二人の足跡の上に時が降り積もる

5/5
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
「雪が降っているわ」 「そうだね、カトレアナ」 「とても綺麗」  美しい花の咲きほころぶ春よりも、庭に美しい鳥たちが訪れる夏よりも、香りのいい果物が実る秋よりも。  カトレアナは雪の降り積もる冬がいちばん気に入っていた。 「明日の朝にはもう、辺り一面真っ白になってしまうわね」 「そうだね。今年の冬も寒そうだよ」 「降り積もる雪のように」 「……」 「私たちの歩んできた道にも時が降り積もる。二人で付けた足跡も、全てが埋もれて見えなくなってしまうわ」 「カトレアナ」 「私が死んだら、ユアヌはちゃんと町へ帰るのよ」 「カトレアナ」  優しく名前を呼んでから、ユアヌはカトレアナに口付けた。 「カトレアナ、心配しなくてもいいんだ。僕はひとりでもちゃんと歩いていける」 「ほんと?」 「カトレアナのことも忘れたりしないよ。エルフの記憶力はすごいんだから」 「そう」  一瞬、カトレアナの声に喜色が混じり、そしてすぐに恥ずかしそうに目を伏せた。  ユアヌの心の中にずっと存在し続けることを願う。そんな願いが今もまだ自分の奥底にあるのを知ってしまったから。 「だめよ。あなたには幸せになって欲しいの」  ――だから私を忘れて。  ユアヌのために言わなければいけないと、ずっと思い続けているその言葉を、今日もカトレアナは口に出せなかった。  どうしても。  俯くカトレアナにユアヌの手が伸びて、優しく髪を撫でた。  温かい手のなかで、言えない言葉は言えないままに、静かに溶けて消える。 「さあ、夜も更けた。もう寝ようよ、カトレアナ」 「ええ」 「明かりを消すよ。そして一緒に素敵な夢を見よう」  ユアヌの指先から魔素が緩やかに流れ、カトレアナは深い眠りに落ちていく。 「忘れないよ、カトレアナ。決して忘れない。時がどんなに降り積もっても、僕たちがこれまで生きてきた足跡は、消せやしない」  ユアヌがどんなに優秀な魔法の使い手であっても、カトレアナと同じ速さで歳をとることはできなかった。  二人の歳の差は開き、やがてカトレアナの時間は終わる。  それが分かっていても、カトレアナは恋に落ちた。  ユアヌもまた同じように。  そして今もまだ、恋をし続けている。  ―了―
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!