魂花堂夜話

命は夢――それでも愛さずにはいられなくて。

墨鵺銀麟

恋愛 連載中
30分 (17,604文字)
悲しいほど一途な夢を描くことが、夢です。

10 171

あらすじ

魂は水の如く。 器から出たら最後、形を無くして零れ落ちる。 下へ、下へ。 ただ理に従って流れ行くのみ。 土に染みても、まだ下へ。 地の底まで、辿り着く。 そこは冥界。魂の泉のある場所。 魂は泉へ還り、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品