龍鳴寺般若堂

1/4
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 華の大江戸を東にずうっと(くだ)って帝釈天さんのさらに外れ、田んぼばかりのいなか風情に、ポツンと淋しく禅寺(ぜんでら)がありまして、名は龍鳴寺(りゅうめいじ)、その敷地の角に般若(はんにゃ)堂という小さなお堂がございました。四角いお堂の鏡天井(注 枠を設けず板を鏡のように平らに敷き詰めた天井)には、天を駆ける龍の水墨画が描いてあって、その真下でパンと手を叩くと、龍が鳴くというので、ありがたく参拝に訪れる人も少なからず。  ところが先の大嵐、貧乏寺なんぞ一溜(ひとた)まりもない。屋根は飛ぶ、雨戸も飛ぶ、安普請の般若堂もたいそうな雨漏りでございました。雨が上がって、板床の雑巾がけが終わった小僧が、何の気なしにパンパンと手を叩いたところ、 「はて?」  小僧はもう一度パンと手を叩くと、慌てて和尚さんを呼びに行きました。和尚がやってきて、龍の天井の下で手を叩きましても、 「鳴かぬな・・・」  和尚は腕を組んで立ち尽くしたのでございます。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!