副作用

1/1
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
目の前に電車が走っている。 飛び込もうか飛び込まないか。 日々そんなことばかり考えていた。 ある薬と出会うまでわ。 ◇ 待遠井 紐人(まつとおい ひもと)。 俺の名前だ。 名前の通り、俺はヒモ男のごとく、女の面影を追いかける日々を淡々と過ごしていた。 新社会人、チェリーボーイ、手を繋いだことなんて一度もない。 つまらない毎日。 通勤のホーム。 常に人生なんて意味がないと考えてしまう。 なんでこんなにも無機質なのか。 聞きたい奴には言ってやる。 俺がDKの頃から片思いしていた後輩が、結婚前提の彼氏と同棲を始めたからだ。 ◇ 彼女との出会いは電車の中。 一目見て俺は恋をした。 気持ち悪いって言いたいか? キモくねえ、ピュアって言ってくれ。 俺は彼女のことが好きだった。 SNSで見つけてフォローして、バックが帰ってきた時は、そりゃあ興奮したもんだ。 呟きにコメント。共通の趣味。 文字だけど、初めて会話ができた時、凄く嬉しかったんだ。 大した関係でもねえのになに引きずってんの、って感じだけど、好きなもんは好きなんだよ。 大学生活中、様々な女がいたよ。 でも俺は彼女が好きだった。 だから恋愛なんてしてこなかった。 そんな彼女が結婚してしまう。 隠キャラ、根暗、メンヘラ、ぼっち、そんなジャンルに括られてきた奴なら、この気持ちわかるよな。 俺には、もう生きてる意味なんてなかったんだ。 ◇ そんなある日、家の押し入れの整理をしていると、1枚の紙切れが目に入った。 『この恋の行方は俺次第』 例の彼女と出会う前、漫画家を目指していた俺が書いた漫画だ。 青臭い初心者が書いた青春漫画。 内容もあやふやで読んでいて笑ってしまう。 大したことない話だが、自分で作った作品というものは思い入れがある。 つまらなくても、ついつい読み進めてしまう。 自分で作った料理が、大したことなくても、チェーン店の安物よりかは美味しく感じる原理と同じだ。 ペラペラと紙をめくる。 あるページで目が止まる。 その話で、俺が好きなシーンが1つだけある。 ヒロインの寧々(ねね)と主人公で隠キャラの学(まなぶ)が、通りですれ違うシーンだ。 ここだけはキャラクターの感情がわかりやすく、鮮明に書き記されている。 まあ、事実を元に書いたのだからそうなるだろう。 寧々のモデルになった、桜夜(さや)は今頃どうしているのだろうか。 俺が知るはずもなかった。 ◇ ある秋の日。 まだ残暑が続く休日。 俺は1人、電車に揺られて耳鼻科へ向かう。 この行為が、俺の片思いという症状を悪化させる。 病院がある場所。 そこは例の片思いの相手、朝美(あさみ)の地元だ。 なんでそんなこと知ってるんだよ。 そう言いたげな皆さんへ。 彼女と同郷の親友に教えてもらったのだ。 耳鼻科へ行った帰り、いつも寄る喫茶店。 もし付き合えていたら、ここでデートとかできたんだろうか。 そんな妄想を、社会人になってまで引きずっている。 きっとこれは一種の病気なんだ。 恋の病っていうのは、軽々しく口にするもんじゃない。 酷い人は、拗らせた挙句に刑務所へ向かう。 早くなんとかしなくては。 症状が重症化した俺は、すぐさま駅へ早歩き。 電車で地元へ帰るのだった。 ◇ 夜景の綺麗な丘。 例の漫画で俺が書いた場所。 その場所で、学は寧々と夜景をみている。 そんなロマンチックな場所は、実は地元に実在する。 夕暮れ時。 本屋で時間を潰した後、そこへ向かう途中にドラックストアへと立ち寄る。 するとそこには、寧々のモデルの桜夜に瓜二つのJKが働いていた。 俺はビールを買って、すぐにドラックストアを出た。 俺の中に何が湧き出た。 夜景の見える丘。 そこでビールを片手に夜空と乾杯。 まるで薬を飲み干すように、ビールを飲む。 ゴク、ゴク、ゴク。 そして、飲み終えてから考えた。 桜夜は、なにしてるのかな。 結婚していなければ、もう一度会いたい。 いや、結婚していても、会って話したい。 あんな綺麗な人、多分人生で会うことなんて2度とない。 俺は、彼女と話せなかったことを今更悔やんだ。 そして、あることに閃いた。 彼女へ再び本気の片思いすることで、朝美のことを忘れよう。 意味不明な発想だが、俺の抱えている重病を克服するためにやるしかない。 本気で好きになれる相手が見つからない。 人生ラビリンス。 迷える子羊の俺には、この方法しかない。 過去好きだった女性へ恋をする。 俺は決意した。 これから毎日、朝美を思い出したら、桜夜という薬を処方することを。 ◇ あれから俺の妄想日記が始まった。 桜夜は奥さんという設定だ。 社会人にもなると、恋愛よりも夫婦に憧れていなければおかしいよな。 朝の見送り。 いってらっしゃいの声。 想像が掻き立てられる。 朝のキスなんてどうだろうか。 頭の中にお花畑が広がった。 お袋の行ってらっしゃいが聞こえると、現実に引き戻されて苛立ち始める。 重病だ。 ◇ 通勤中に新聞を読む。俺は新聞が大好きだ。 理由は、読んでいると博識になった気になれるからだ。 自分に自信のない俺に、知識という雀の涙くらいの自信をくれる。 無いのとあるのでは、仕事のパフォーマンスがかわる。 会社に着く。 ここでの桜夜は、会社の先輩という設定だ。 これはこれでしっくりくる。 なんたって彼女は、俺よりも大人びていたからな。 バカみたいなオッサンどもに説教を食らった時、彼女がとなりにいる妄想をする。 気分が晴れる。 イージーミス、眠気、集中できない時、彼女から説教される妄想する。 気分が晴れる。 そう、この俺、紐人は、シスコンなのだ。 妹じゃないぞ。姉さんの方のシスターコンプレックスさ。 ◇ それからまた時間が過ぎる。 ぼっち飯。 ここでは、2パターンの妄想が頭を過ぎる。 妄想1、愛妻弁当。 桜夜は奥さんだ。 毎日、俺の為に弁当を作ってくれる。 その弁当は心が篭っていて、食べるだけで彼女の顔が思い浮かび幸せになれた。 この会社は陽キャラの塊だ。 そんな同僚達や堅苦しい管理職なんかと食べる飯より、うん百倍美味いに決まっている。 でも、これを作ったのはお袋だ。 親としての愛が詰まっている。 お袋ありがとう、こんな結婚もできない隠キャラでごめん。 素直にそう言いたいが、最後に残るのは怒りと不満と虚しさ、そして冷めた弁当だけだ。 途中でお袋の顔が出てきたら、妄想はおしまい。 俺は残った中身をゴミ箱に捨てる。 なんと親不孝なんだろうか。 こんな隠キャラに育てやがって。 まあ親との関係は置いておけ。 妄想2、オフィスマドンナとのランチ。 桜夜は、オフィスのマドンナ的存在だ。 そんな彼女は仕事が忙しくて、同期となかなか飯に行けない。 どうしようもなくぼっち飯。 そんな時、ぼっち飯をしている俺と目が合う。 元気なさげな俺の横に座ると、一緒にご飯を食べてくれる。 隣に彼女が座っていると考えただけで、俺の隠キャオフィスランチに花が咲く。 俺は彼女との会話を妄想しながら飯を食う。 これまた冷めた弁当が、まるでホカホカの弁当みたいに感じるのだ。 だがこれも、上司が隣にくると現実に戻る。 クソが。 そう思いながら、気難しい顔の上司を見る。 さっさと飯を終えろ。 そう言われ、弁当をしまう。 それから毎日恒例の詰めタイムだ。 最近では仕事ができなすぎて、他の社員から呆れられている。 一時期はカーテンを眺めながら、自殺を考えていたこともあったな。 ◇ 残業。 この会社は、残業すると怒鳴り散らかされる。 やること残ってるから残業してるんだろ。 そう言いたくなる。 この思いは、他の社員も同じらしい。 会社は、仕事よりも世間体を気にしているようだ。 俺は特に遅いので、上司から目をつけられている。 そんな中で、桜夜のことを思い出す。 先輩という設定の彼女は、いつもとなりで励ましてくれる。 俺は、朝美に片思いして気落ちしていた頃より、タイピングスキルが上がったような気がした。 ◇ 夜の繁華街。 友達がいない隠キャラでも、大人になれば酒くらいは飲みたくなる。 向かい側に人がいないファミリー席。 前までは目の前に妄想の朝美がいた。 だが彼女は結婚する。 早く忘れないと、SNSで結婚報告でもされたら...。 考えたくない。 もう記憶から消してしまいたい。 なんで彼女のフォロー外さないの? そう誰かが言ってきそうだ。 きっと心のどこかで、まだ間に合うとか思っている自分がいるのだろうか。 直接会話したことのないくせに、5年以上も片思いした女のことを。 そんな時、俺はまた薬を飲んだ。 目の前に桜夜が現れる。 今日の設定はなににしよう。 やっぱ夫婦かな。 彼女がいて、子供がいて、3人で居酒屋に来る。 いつか飲み屋でバイトしていた時、客をみて憧れた光景だ。 きっと幸せなんだろうな。 俺は1人、ニヤニヤしながら酒を飲んでいた。 ◇ ホテル街。 酔った俺は、用もないのに彷徨った。 シャブ中みてえだな。 そう1人でぼやいた。 怪しげなカップルが建物に入っていく。 ビデオの撮影かな? 反対を見ると、美男美女の大学生カップルが建物に吸い込まれていく。 羨ましかった。 俺はここでも例の薬を飲んだ。 なにを想像したのかは、言わずともわかるはずだ。 紐人夫婦は、きっとここらで子作りしたのだろう。 酔いが回る。 薬が覚める前に家に帰ろう。 ◇ 家に着くとまずはハッスル。 そして風呂。 風呂場での薬の効き目は半端ない。 ルンルンで部屋へ戻る。 こんな顔で毎日いられるのは、例の薬のおかげに他ならない。 電気を消す。 布団に入る。 さあ夢の時間という至福の時。 桜夜が俺のとなりで寝ている。 決してエロい意味ではない。 夫婦の添い寝だ。 今日の出来事を話しながら眠りにつく。 この病気がいつか治りますように。 ◇ その後も俺は、毎日のように薬を投与した。 ドライブの時、夜景の丘へ行った時、出張の時、ジョギングの時。 いつの間にか、彼女のことばかり考え、朝美のことを考える時間が減った。 俺はこの頃になると、朝美の写真を見ても一瞬心苦しくなるが、すぐに薬を投与してその場を乗り切った。 だが、ある影が、俺の心を蝕み始めていたのであった。 ◇ 会社のオフィス。 コピー機の前。 俺は彼女のことを妄想し続けた。 ニヤつく俺。 それを見た、職場の後輩が声をかけてきた。 「何か嬉しいことありました?」 彼女の名前は毬明(まりあ)。 いつも毬のような、暖色系のヨーロピアンな柄のカーディガンを着ているから毬明だ。 そう言いたいけど、毬明は彼女の本名だ。 俺は言った。 「いや、なんでもねえ。」 この女は、他の社員と違ってよく俺に話しかけてくる。 きっと地味な俺を弄んでいるんだろ。 そう思っていた。 だから俺は、相手にしないフリをしていた。 ちょっと気になってはいたけど。 しかし、ここで気づいたこと。 それは、この頃の俺は、他人にですらわかる度を超えた妄想廃人になっていたのだ。 1人でニヤける、独り言を話す。 挙げ句の果てには、用もないのに2本もコーヒーを買って机に置く。 知らない人からしてみれば、もう関わりたくない男になっていた。 でも、薬をやめなかった。 朝美への思いが忘れられなくて。 ◇ 明日は休日。 夜景が綺麗な丘。 地元で1番好きな場所。 寧々と学。 そういえば2人はどうなったんだっけな。 押し入れにあった漫画は、最後の方が真っ白だった。 途中で投げ出したのか。 高校時代のことなんて覚えてない。 朝美のこと意外は。 通学の電車。 聴こえてくる声。 ふと記憶が蘇りそうになる。 ダメだダメだダメだ。 さっき買った缶チューハイを飲み干して、また薬を注入した。 この夜空を、きっと何処かで桜夜も見ているのかな。 一緒に見たかったな。 そんな妄想が膨らんでくる。 どこかで会えたらな。 俺は空かんをゴミ箱へ捨てる。 帰り道。 だらんと垂れた手に優しく力を入れる。 そして、女性と手を繋いでいるふうを装いながら家に帰った。 途中、一瞬だけ桜夜が見えたような気がする。 生霊か? 考えるだけで怖かった。 ◇ チャットアプリの通知だ。 『今日遊べるか?』 藤からだ。 こいつは俺の幼なじみ。 就職せず、ライブハウスとバーのバイトを掛け持ちながら、バンドをやっている。 夜の公園。 藤はブランコに座って待っていた。 俺は言った。 「最近どうよ。新曲できた?」 藤は言った。 「それが、良いアイデア浮かばねえんだよ。」 彼のバンドは恋愛系の曲が多い。 主に作詞は、ボーカルの藤がやっている。 俺は言った。 「そっかー、早く聴きたいな。」 藤は言った。 「急かすなよ。そっちこそ最近どうだ?」 俺は言った。 「まあまあかな。」 藤は言った。 「なら良いんだが。」 彼はやけに心配そうだった。 俺はその理由を尋ねる。 すると藤は言った。 「夜景の綺麗な丘。最近お前行っただろ?」 俺は言った。 「おお、見てたのか。それがどうした?」 藤は言った。 「お前、1人でヘラヘラしたり、空に向かってなんか話しかけてたり、隣に誰もいないのに手を掴んだようにしたり。気味が悪くて声かけなかったんだ。」 俺はゾクっとした。 自分では気がつかなかった。 恐ろしくなって下を向いた。 藤は言った。 「そんで心配だったから、今日誘ってみたわけよ。」 俺は小声で言った。 「ごめん。」 藤は言った。 「いや、謝ることじゃないよ。ただ聞きたいんだ。」 俺は言った。 「何を?」 藤は言った。 「薬物に手を出してないか?」 俺は黙った。 藤は言った。 「俺の友達でさ。薬やってパクられた奴がいるんだよ。そいつの薬の症状とちょっと似てるなって。」 俺は恐ろしかった。 自分は妄想しているだけだった。朝美を忘れるために必死だった。 必死に踠いて、踠いた先でみつけた薬。 楽になれたから飲んでいたら、まさかこんなことになるなんて。 藤は言った。 「話は聞くから言ってみな。」 俺は、藤にあっさりとことの顛末を話した。 ◇ 缶ビールを片手に藤は言う。 「そういうことだったのか。」 俺は言った。 「だが俺は、桜夜に一度会って話がしたい。」 藤は言った。 「なんだかんだ、彼女が1番幸せになりそうだったよな。」 俺は言った。 「どういうこと?」 藤は言った。 「いや、あんな美人、他に見たことないだろ。だから、1番幸せ掴んでそうって意味。」 俺は思い出した。 以前たまたまSNSを漁ってた時、彼女に似たような女性を見つけた。 名前も同じ。 顔に面影あり。 でも少し雰囲気が違う。 その人は、旦那さんと子供と幸せそうに暮らしていた。 その日は落胆したような。 しかし、それは別人だと言い聞かせて妄想した。 ただ、藤の言葉を聞いてから、俺の気持ちは重たくなってしまった。 藤はボヤいた。 「恋の病を治すために飲んだ薬。その副作用に苦しめられるお前。」 俺は言った。 「なんか言ったか?」 藤は言った。 「いや、なんでもない。」 彼は、何か閃いたような顔をしていた。 ◇ 週明けの朝。SNSを開く。 匂わせ。 匂わせってなんだよ。 臭えよ。 例の朝美は、婚約者との生活を、わかるかわからないか程度に投稿していた。 俺は朝から鬱になった。 長い道を歩いて駅までやってくる。 また死にたい衝動に駆られる。 俺はこの願望を抑え込み。 また妄想に浸る。 しかし、ここらでまた気付く。 毎日、毎日、同じ薬を処方していたのだ。 身体が耐性を付け始めやがった。 俺は、そのまま鬱状態で出勤した。 ◇ 仕事中。 集中できない。 前に戻った。 薬を飲む前に。 いくら妄想しても上手くできない。 時間が刻々と時を刻む。 飯の時間。 ぼっち飯。 SNSを開く。 桜夜の名前をサーチしてみる。 例の似たような女性が出てきた。 が、その下にもう1人同じような人が。 俺はすぐさまそれを開いた。 アカウントに入り、入念に調べていく。 陽キャラのSNSを監視する。 陰キャラあるあるだ。 調べ終わると俺は愕然とした。 本人か確証は持てない。 だが、俺の知る限りの情報と照らし合わせると、これは彼女に近い。 箸が止まった。 そこから16時頃まで、何をしていたのかいまいち曖昧だ。 ずっと気持ちは沈んだまま。 東京湾へ飛び込みたい。 いや大洗もありだな。 そんなことが頭を過ぎる。 クソみてえなおっさんどもから頼まれ、書類の印刷をする為にコピー機の前へ。 するとまた再びあの女と鉢合わせる。 毬明だ。 毬明はまた、暖色でヨーロピアンな柄のカーディガンを着ていた。 俺は印刷作業がすこぶる遅い。 そんな俺に彼女は話しかける。 「早くしてくださいよ。」 俺はイラついて言う。 「わかってるよ。」 彼女は不満そうな顔をしていた。 黙れ、黙ってくれ。 俺は今、誰とも話したくねえんだよ。 そう思いながら、黙々と作業を進める。 すると、余りの遅さに痺れを切らしたのか、彼女は無断で手伝ってきた。 俺は冷たい目で彼女を見ていた。 俺ができなかったことを、年下のくせに難なくこなしていく。 こういう時、俺はいつも思うのだ。 俺に価値なんてないんだって。 もし隣に桜夜がいたら、なんて言葉をくれるのだろうか。 俺は隣を振り向くが、そこに桜夜はいなかった。 代りにいたのは、作業を終えた生意気な毬明だ。 彼女は俺に言った。 「頼りないですね。」 手を上げたくなるが堪える。 俺は自信ない声で言った。 「うん...。」 彼女は、何も言わずにその場から立ち去った。 そしてまた、俺は上司と先輩に詰められた。 ◇ 会社から駅へ向かう途中、ちっぽけな公園へ立ち寄った。 ベンチに座りため息をつく。 俺、もうダメかもしれない。 そしてまた薬を飲んでみる。 すると、思いのほか上手くいく。 落ち込んだ俺に桜夜が言う。 頑張れ紐人。 俺の顔にふと笑みが溢れた。 通りすがりのJKが、俺の方をみて気持ち悪がっている。 だが俺は思うのだった。 俺には桜夜がついている。 お前らなんぞより圧倒的リア充なんだ。 気分良くなった俺は、また駅までの道を歩き出す。 だが、気分良くいられたのは、公園を出てから2分くらいまでだった。 ◇ 信号待ち。 通り過ぎたミニバン。 助手席には男。 運転席には女性。 桜夜そっくりだ。 後部座席には子供。 目で追いかける俺。 信号が青に変わる。 歩きながら考える。 彼女はもう結婚したのだろう。 結婚していたとしても、一目見たいだけというのは強がりだ。 本当は結婚したい。 そばにいて欲しい。 いて欲しかった。 頭の中。 横から流れてくる文字。 彼女はいない。 彼女は別世界。 あの頃のまんまのわけがない。 青春。 そんなのとっくの昔に終わった。 放心状態。 心の支えが泡となって消える。 現実。 朝美。 結婚。 戻れない時間。 ああ、これが現実。 立ち直れない。 ◇ 全てを失ったように現実へ戻る。 目の前に駅。 ずっと続くであろう、つまらない底辺の日常。 合わない仕事。 いや、合わない訳ではないのかもしれない。 興味がないだけだ。 きっと。 俺は昔から女の面影しか見ていない。 あの子が右へ行けば右。 左へ行けば左。 自分という存在なんて、女ありきの存在。 そう、実態すらなかったのだ。 俺は、どんな事をしても、自分の人生に納得する事はないだろう。 なぜなら、納得のいく女性と暮らすこと。 それが、唯一自分の人生に納得いかせる答えだったのだから。 朝美もいない。 桜夜もいない。 もう俺にこの人生を生きていく理由がない。 そうだ、死のう。 死んだら妄想の世界へと行けるはず。 一生薬の効力に浸って、桜夜と暮らせるはず。 俺は、もはや自分を制御しきれなくなった。 ◇ 妄想恋愛。 その薬物の本当の恐ろしさ。 副作用。 現実を知った時、全てが崩壊する。 精神も心も、そして肉体も。 ◇ 気が狂った俺は、電車が入ってくる線路に向かって駆け出した。 あと少しで楽になれる。 薬なんて飲まずとも楽になれる。 行け、走れ、飛べ、目をつぶれ、痛みは一瞬のはず...。 だった。 そうなるはずだった。 だが、俺は前へ進めない。 なんで。 怖気ついたか。 違う。 誰かに腕を掴まれている。 離せよ、離してくれよ。 すると声が聞こえてきた。 「紐人さん!忘れ物です!」 死んだような顔で後ろを向く。 するとそこには、息を切らした毬明の姿があった。 彼女の手には、明日の会議に使う資料の入った封筒が握られていた。 電車がホームへ到着する。 俺は毬明から、それを奪い取ると怒鳴った。 「余計なことしやがって!!」 周囲の人々がこちらを見ている。 毬明は怯えた目でこちらを見ていた。 俺は恥ずかしくなって、電車へと駆け乗った。 ◇ 帰りの電車。 無機質。 力がこれっぽっちも入らない。 妄想しても妄想が膨らまない。 薬が欲しい。 誰か。 助けて。 そんな時、携帯が揺れる。 チャットアプリ。 藤からのメッセージ。 『今日、暇?』 誰かに話を聞いて欲しい。 俺はすぐに返事を返した。 ◇ 夜遅く。 藤の車。 工場の夜景。 眩い、エモい、美しい。 暗い海。 埠頭。 俺と藤は車を降りた。 げっそりした顔の俺。 今日の出来事を藤に話す。 藤は言った。 「毬明って、この前言ってた後輩?」 俺は頷く。 藤は言った。 「明日その子に謝れよ。」 俺はまた頷いた。 藤は言った。 「しかし、桜夜っていう薬の副作用はとんでもなかったな。」 俺は言った。 「これからどうすれば良いんだろうか。」 藤は言った。 「さあな。でも、辛いかもしれないが、現実を見るしかない。青春は戻ってこない。戻ってこないことで思い悩んでも、幸せにはなれない。」 俺は言った。 「現実か...。」 藤は言った。 「朝美ちゃんや桜夜が消えたから、自分には何もないだって?」 俺は頷く。 すると彼は言った。 「そんなことないだろ。俺もいるし、あの子もいるだろ?」 俺は言った。 「あの子って誰だよ。」 藤は言った。 「毬明ちゃん。」 俺は言った。 「あいつはただの後輩さ。」 藤は言った。 「お前のこと、気にしてくれてると思うけどな。」 俺は言った。 「そうかな?」 藤は言った。 「まあ無理せず、今度は現実と向き合ってみなよ。いつか恋の病を克服できる日はきっとくる。」 俺は浅い相槌を打つと、暗い夜の海の果てに灯る、一筋の光を目で追った。 藤と話していると何故か落ち着く。 幼なじみだからだろうか。 彼はまるで、灯台だ。 暗い海の果てにある何か。 そこにたどり着く道を照らしてくれているようだった。 ◇ 明くる日の朝。 俺は毬明に誤った。 彼女は驚いていたが、許してくれた。 俺は人に謝ることが苦手である。 勇気を振り絞った。 受け入れられたことは、ちっぽけではあるが自信に繋がった。 それからというもの、毬明と会ったら話をするようになった。 そして、徐々に自分から他人とコミュニケーションを取れるようになる。 もちろん、何度も何度も朝美や桜夜のことを思い出す日々は続いた。 しかし、今が楽しいと感じられ始めてからは、その回数も減っていく。 そしていつの間にか、遠い昔の思い出のごとく感じられるようになった。 俺のSNSのフォロー欄から、朝美の姿は消えていた。 ◇ 雪の日。 世間。 受験。 俺は試練。 毬明とのデート。 イルミネーション。 激混み。 仕方なく例の丘へ。 車を止め。 坂道を登る。 寒い夜。 俺と毬明は、俺の地元の夜景を見る。 夜空を見上げて、桜夜を思い出してみる。 だが、一切興味がわかなかった。 なぜなら、俺は隣にいる毬明に全興味を注いでいたからだ。 俺は告白した。 笑われると思った。 だけど、真剣に受け入れてくれた。 帰り道。 手を繋ぐ。 実態のある温もり。 俺は本当の幸せを手に入れた。 ◇ 冬が終わり、春がやってきた。 桜が舞う季節。 噂で耳にした朝美の結婚報告。 俺は一切動揺しなかった。 そして心の中で呟いた。 本当におめでとう。 下心も嫌味も執念もない。 心の底から溢れ出たおめでとう。 毬明や藤のおかげもあって、俺は現実を見ることができた。 最近では嫌いだった上司や先輩、同僚、そして親とも、分け隔てなく仲良くすることができるようになった。 俺を縛り付けていた紐が解けて、人と人とを繋いでいった。 もう過去は振り返らない。 俺は、俺の周りの人の為にも、今後は一切薬を辞める。 そして、前を向く。 お花見デート。 桜散る土手。 桜祭り。 毬明と手を繋いだ俺は、2人でどこまでも続く長い土手を歩いた。 ◇ 3年後。 夜景が綺麗に見える丘。 俺は久しぶりに呟いた。 桜夜さん、元気にしてますか。 俺は、めちゃくちゃ元気にやってます。 あの頃は、勝手にお世話になってましたね。 実は俺、来月彼女と結婚することになりました。 そんで地元を出ます。 これを気に、あなたの名前を出すのも最後になりそうです。 あの時は、本当にありがとうございました。 さようなら。 そう心の中で言い終えると、ゆっくりとその場から背を向ける。 だが、あることを言い残して、また振り返る。 「あ、そうそう。藤のバンドが、また新しいアルバムを出したので、聞いてみてください。」 そう言った俺は、スッキリとした顔で丘を降りた。 ◇ 車の中。 何か辛いことがあった時、たまにあの頃のことを思い出した。 藤のバンドは、どうやらメジャーデビューをしたそうだ。 ナビのオーディオ。 ジャケットのイラストは、なんとなんと、寧々と学だ。 彼が新しく出したアルバムの一曲目。 あの時、彼が作った曲から始まった。 そのタイトルは...。 「副作用」 完 ーーーーーーーーーーーーーーーー この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!