薄紅の夜

わっちの中に一番初めに入ってくるのは、他の誰でもなくこの男がいい

緋川真望

11分 (6,300文字)
時代もの久々に書いた。こういうのもたまには良いかな?

13 671

あらすじ

丑の刻。 新吉原一丁目、大見世『七國屋』。 もうすぐ一人前になって客を取らなければならない禿(遊女見習いの少女)と、見世の用心棒の大男。 二人きりの静かな夜。 吉原の慣習に関しては諸説あります。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

幻想的で美しい世界観

花街の華やかな彩りの中で、秘めた想いはどれほどの色を纏うのか。 薄紅色の桜のように、美しくも儚く、懐にしまったその想い。 その想いに気づきながらも、素知らぬ振りをするあの人は、きっと冷たい人なのだろう
1件1件