結成せよアイドル

2/18
78人が本棚に入れています
本棚に追加
/186ページ
____「そういえばこの間、初めてピンでラジオに出演できました!」 『聞いたよー! 花与ちゃん、めちゃくちゃ噛んでたでしょ』 「助さんそれは忘れて下さいよ」 『こむばむわって言ってましたな!』 「角さん!」 【こむばむわwww】 【神信者助さん角さんキタ】  ファンとの交流アプリは、音声でのやりとりだけでなく、従来通りコメントだけ残すことも可能だ。  直接話したいコアなファンも、傍観したい者も、どちらも楽しめる仕組みになっている。  花与のようなまだ売り出し中のアイドルは、ファンとの距離も近く、応援しやすい対象だ。  その身近さを武器にして、次のステップへ進もうと遠石は企てた。 【暴言アイドル消えろ】 【今更清純ぶるな】  もちろんアンチからの攻撃もないわけではない。  心ない誹謗中傷に胸を痛めながらも、彼女は振り切った。  見てくれる人だけ見てくれればいい。まずはその人達の為に死ぬ気で活動をしよう。  そんなふうに腹を括ったのだった。 「おい、終わったなら社長室に来い。大事な話がある」  事務所の簡易的な休憩スペースにて。今日の配信を終えてスマートフォンをローテーブルに置いた花与は、そう遠石に告げられ目を丸くさせた。 「大事な……話?」  まさかここへ来て突然の解雇なんてことはないだろうな、と、一瞬固まる花与だった。  
/186ページ

最初のコメントを投稿しよう!