プロローグ

1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ

プロローグ

「難しいんじゃないか」 「難しいでしょうね」  私は地方公爵の娘エルセン=ユリシアス。  父は地方領主のユリシアス。母は地方貴族の娘マリアンだ。 「アイドリアンは地方貴族の息子とはいえ、宮廷での重要人物。いくらお前が地方公爵の娘で、美人で賢くて、可愛くてスタイルが良くても、難しいんじゃないか」 「難しいでしょうね」  父と母は、私に甘い。  でも、私の結婚話を聞いて、難しい顔をしている。  私がアイドリアンとの結婚を望んだせいだ。  国一の重要人物と言われるアイドリアン。私には地位も財力もあり、その男を結婚相手に指名しても、おかしいことでない。  でも、父は、それすら出来ないと言う。  理由は、彼が優秀で、国の人材だから。 「なんで、なんでよ?」  私はプライドが折れ曲がり、自分の父母に卑屈にならねばならなかった。 「なんで、私とアイドリアンがつり合わないっての?」  可愛くて賢くてと誉めてくれるけれど、言っていることは同じ。  私が彼に見合わないから。  そんなことを言われて、腹が立たないほうがおかしい。それも自分の父母に言われて。  たしかに、彼は重要な人材で、優秀であるけれど。  私が合わないなんて言われて、黙っていられるわけがない。 「あいつは優秀だから、次期宰相候補にも上がってる。そんな奴とな」 「エルセンでなくても、誰でも難しいっちゃ難しいけど、難しいわ」  渋る両親に、私は業を煮やして言った。 「あいつでいいから、何とかして」 「だったら、どうして、それだけ、エルセンは、アイドリアンでないといけないわけ?」  母が聞くことの、なんとのんきなことか。  花壇が見えるティールーム。  白い髭の父と、着飾った母の前で、青いドレスを身にまとった私は立ち尽くした。 「それはっ・・・」  私は過去を思い出した。
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!