るるのしあわせクッキー

1/2
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ
 もりのなかのちいさなおうち。  キッチンには、あまいバターのかおりがひろがります。  かまどをのぞくと、こんがりきつねいろ。  まちにまった、クッキーのかんせいです。  るるは、おかしづくりがだいすきなおんなのこ。  おしごとがいそがしいおかあさんのかわりに、いつもおばあちゃんがてつだってくれます。  きょうは、おかあさんのたんじょうび。  だからるるは、おかあさんがだいこうぶつのクッキーをつくったのです。  クッキーはとてもおいしくやけました。  ぴんくいろのつつみがみにくるみ、プレゼントのじゅんびはかんぺきです。  るるはうれしくなって、クッキーをかかえたまま、おかあさんをまちまでむかえにいくことにしました。  みちのとちゅうで、ともだちのりすくんにあいました。  いつもあかるいりすくんですが、すこしげんきがありません。 「こんにちは、りすくん。どうしたの?」 「やぁるる。じつはね、だいじにしていたぼうしをなくしてしまったんだ」  るるは、しょんぼりしているりすくんに、クッキーをひとつわけてあげることにしました。 「おいしい! なんだかげんきがでてきたよ。ありがとう」 「よかった。どういたしまして」  またすこしすすむと、こんどはうさぎのおやこにあいました。 「えーんえーん」  うさぎのあかちゃんはないています。うさぎのママはこまりがお。 「こんにちは、うさぎさん。どうしたの?」 「るるちゃんこんにちは。じつはね、まちでかってきたパンを、このこがかわにおとしてしまったの」  るるは、おなかをすかせたうさぎのあかちゃんに、クッキーをひとつわけてあげることにしました。  あかちゃんはなきやんでにこにこえがおです。  それをみたママも、とてもうれしそう。 「ありがとう。るるちゃんはやさしいこね」 「えへへ、どういたしまして」  みんながよろこんでくれて、るるはぽかぽかとあたたかいきもちになりました。  だけど、つつみのなかみは、あとひとつだけ。  るるはそれをだいじにかかえながら、まちまでいそぎました。  
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!