『週刊ワイド』20XX年1月28日号より

1/3
80人が本棚に入れています
本棚に追加
/49ページ

『週刊ワイド』20XX年1月28日号より

 六年前、「(さなぎ)」は多くの現代人の胸に刺さり、心を抉った。  シンガーソングライター“kihiro(キヒロ)”のメジャーファーストシングルである。 全国のFM/AM局でパワープレイされ、週間ストリーミングランキングでの連続首位も獲得。当時十八歳の彼自身と同世代の若者だけでなく、三十~四十代からも支持を集めたのが特徴的だった。 楽曲の持つストレートなメッセージが、シンプルで美しいメロディに乗って人々の心を的確に「刺した」――それが“kihiro”の成功の要因だったと筆者は分析している。  とはいえ、筆者は音楽ライターではなく、弊誌は高尚なカルチャー誌ではない。彼の音楽的魅力について語るのは専門家に任せるとして、ここで追うのは半年前にネット上にアップされた、一本の動画の件である。  動画のタイトルは『人気歌手kihiro 監禁陵辱』。某アダルト動画サイトに投稿され、瞬く間にSNSでその存在が拡散された。元動画はすぐに削除されたが、保存されたものやスクリーンショットが未だに投稿・視聴され続けているのが現状である。  “kihiro”の所属事務所は当初、この動画の存在に関して一切のコメントを発表せず、取材にも応じなかった。騒動から七日が経過した七月三十日、“kihiro”オフィシャルサイト内にて「ファンの皆様へ」の題で無期限活動休止が発表された。 休止の理由は「体調不良」とされ、動画の件については一切触れられていない。しかしながらこの発表が、動画の人物が“kihiro”本人であることの信憑性を高める後押しとなった。
/49ページ

最初のコメントを投稿しよう!