3.『政略結婚』

9/11
10568人が本棚に入れています
本棚に追加
/179ページ
「園村さんのお相手だもの、素敵な人なんだろうなーって」 真っ赤になってしまった浅緋を、微笑ましげにみんなが見る。 浅緋は園村ホールディングスのお嬢様であることは間違いない。 でも分け隔てなく、誰にでも優しく笑顔で接する。 浅緋の父である前社長は怖い時もあったけれど、そんな時はさりげなくフォローする浅緋の姿に、みんなは好意を持っていた。 社外のお客様からも、浅緋の対応はとても評判が良かった。 最初は秘書採用の予定だったのだけれど、あまりにたくさんの人に接してしまうと、誰かに見初められてしまう可能性がある、と浅緋は大事に大事に会社の中にしまわれていたのだ。 当の浅緋は、そんなことは知らなかったのだけれど。 「え……っと、優しいです、とても」 片倉のことを一生懸命思い出して、浅緋は話す。 「うんうん、それで?」 それだけでは勘弁してくれそうにない雰囲気だ。 「背が高いです」 「へえー、今の社長も結構背が高いよね。身長高くて迫力あってカッコイイよね!」 「多分身長は同じくらいかしら。」 「おいくつなの?」 そう言えば知らない。 「おいくつなのかしら……多分少し年上だと思うのですけど。槙野さんより上なのかしら、一緒くらいかも」 「槙野さんって新社長よね?」 「はい」
/179ページ

最初のコメントを投稿しよう!