第一話 運命の一矢

3/3
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
 使用する弓の調子を確かめつつ、穂村は射る場所から的までの距離をおおよそ予測してみた。 (うーん。立ってみた感じ、三十メートルくらいかな。弓道で一般的な距離は二八メートルだから、それより少し遠いくらいか。的は直径三十センチくらい?ま、決して当てられないものじゃないな) 「兄ちゃん、準備はいいかい?」 客寄せの質問に、穂村は静かに頷く。 「いよぅし!それじゃあいってみよー!」 開始の合図である太鼓が叩かれ、穂村は弓を構えた。大勢の見物人の視線は気にも留めず、ゆっくりと呼吸をしながら、矢をつがえた手を後ろに引く。真っ直ぐに的を見据えながら、矢を放つタイミングを計る。  その緊張を感じ取ったのだろうか。つい先ほどまで騒がしかった見物人たちも、固唾をのんで見守っている。やがて風も止み、辺りは完全な静寂に包まれた。 (今だ!)  瞳孔をカッ!と開き、穂村は矢を放った。矢は直線上を外れることなく進み、的のど真ん中に吸い込まれるように、深々と突き刺さった。 「よしっ!」 穂村がガッツポーズをとると同時に、見物人が一斉に歓声を上げた。客寄せの男も感心したように、拍手を送っている。 「すげぇなあんた!一発で命中させちまうとはよぉ!」 「どこかのお武家さんが挑戦した時には、全く当たらなかったんだよ?それを簡単に当てちまうなんてさぁ、大したもんだ!」 「いやぁ~それほどでも、ありますかね?ナハ、ナハハハハハハハッ!」 大勢の見物人に褒められ、ノリにノッている穂村。その様子を離れた所から見ていたとある男は、僅かに口元を緩めた。 「あ奴、使えるかもしれん……」
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!