スペック高めな狼達。

4/21
147人が本棚に入れています
本棚に追加
/175ページ
「やっほー  お待たせッ」 ヒョコっと顔を出してピースサインをする見知らぬ若い男性。 …誰? 「遅かったな、新多(あらた)。  今始まるところ」 ”あらた” 然さんがそう呼んだその人物は 『ごめん、ごめん』と軽く謝りながら 私の隣の席に腰掛けた。 両サイドにイケメン。緊張する。 キリっとした細めの眉とハッキリした二重。 黒髪で軽めのツーブロックに 陽に焼けたのか元からなのか肌は少し茶色くなっていて、然さんと同様、細身ではあるけど ふと見える腕から筋肉質なのがわかる。 「由凪さん、さっき言ってた問題児がコイツ。  名前は桐生新多(きりゅうあらた)。  年齢は確か俺の2つ上だったっけ?  職業は…今はモデル?俳優?」 「問題児ってヒドっ。  紹介が適当すぎっしょ、然」 呆れながらも いつの間にか注文していたビールを美味しそうに一気飲みする彼。 「曖昧にもなる。  海外の撮影ロケでハワイに行ったはずが  1ヶ月もバカンス楽しんで帰ってきているんだから、何を目的に行ったかわかんないでしょ」 仕事の一環のはずが ハワイにバカンスって…
/175ページ

最初のコメントを投稿しよう!