不遇の花詠み仙女は後宮の華となる

花を用いる仙女は偽りの妃となり、後宮の呪いを解く

かるり(藤華るり)

3時間44分 (134,257文字)

51 43

あらすじ

髙の山奥にある華仙一族の隠れ里に住むは、華仙術に秀でた者の証として花痣を持ち生まれた娘、華仙紅妍。 花痣を理由に虐げられる生活を送っていた紅妍だが、そこにやってきたのは髙の第四皇子、秀礼だった。 姉の

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません