よくござったなっし

1/3
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

よくござったなっし

 5月になった。ゴールデンウィークで利用者が増え、カウンターもフロアも忙しくなった。  カウンターの向かいにある、館内案内図の前で立ちつくす女性がいた。俺と同じくらいの年だと思う。あの人があそこに立つのは2回目だ。  彼女は、図書館に入ってすぐに検索機に近づき、検索結果をメモしていた。その後、案内図を確認してから、新聞・雑誌コーナーの方(俺から見て右側)に歩き始めたのだが、反対側の児童書コーナーから戻ってきた。どうやら、本を見つけられずに1周してきたらしい。  困っている人が目の前にいる。俺の心臓が早くなり、ばくばくという音が聞こえた。  声をかける? 本当に必要だったら俺に話しかけてくるんじゃないか? 迷惑かも。でも、係の人に声をかけるのって、結構勇気がいるよな。  胸元に視線を落とす。紺のエプロン。おばあちゃんが「かっこいいごど」と喜んでくれたエプロン。俺はつばを飲み込んだ。カウンターの隙間を通り、女性に近付いていく。 「なにかお困りですか?」  女性がゆっくりと振り向いた。強張った顔が、俺のエプロンを見て、ほっとした表情に変わった。 「あの。これ、どこにあるんでしょうか。私、初めて来たから分からなくて……」  彼女が差し出したメモを受け取ると、丸みを帯びた字で本のタイトルと分類番号が書いてある。簡単料理レシピ。596。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!