象田パオーンの唄

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

象田パオーンの唄

その洞窟のような ライブハウスで 象田パオーンは ゆっくりと 歌いだした  俺たちはみんな  どっかへ行く  途中だったんじゃ  なかったっけ?  どこへ行くのか  ちょっと  わからないけど  「生活」してるんじゃない   「冒険」してるんだ!   こんな世界だから  だけど  いつだって俺たち、  そんな風に  やってきた  そんな風に  なんとか 客席で マスクをした 女の子が二人 この歌を聴いていた 「なぁ、この人知ってる?」 と一人が訊いた 「知らん」 ともう一人が そっけなく答えた
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!