終末のベルティーユ

一輪の花が悪とされた世界。友達である花の妖精を、少年は必死で守ろうとしていた。しかし、運命は残酷にも彼らを襲い……。

はじめアキラ

12分 (6,678文字)
この黄色い花、イメージとしてはタンポポに近いです。どこにでも綿毛で種を飛ばせるんですから、タンポポってすごい。

1 0

あらすじ

『なんということ!これは、破滅の花であるぞ!この花が大量に咲いた時、世界は滅ぶであろう……!』  花が咲き乱れ、妖精と人が共存していたはずの世界。  ある高名な占い師がそう宣言したことを皮切りに、破

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る