死神

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/129ページ

死神

「こんばんは」    艶のある声だ。  真っ暗な空間なのに彼女の姿はとても鮮明に見える。  まっすぐな長い髪に、上品な黒のドレス。肌は異常なほど白い。   「私は貴方に死を届けに来たわ」 「ありがとう」  僕は答えた。 「ほら、おいで。最終電車が来る前に」  彼女の後方、映画のスクリーン。客席を割る真っ赤な通路に僕は立つ。    カンカン、と音を鳴らす踏切。  赤い光が左、右、左、右。  黄色と黒が通せんぼ。  彼女はスクリーンに沈み、遮断機をくぐって僕を手招いた。  足が動く。一歩、また、一歩。  わずかな振動。  規則的な騒音。  電車が来る。 「早く」  妖しい笑みに惹かれ、ふらふらふらふら。  彼女に酔わされた僕は、足元おぼつかず、転がるように客席に着いた。  電車が通過する。  肉体が踏みつぶされる音の後、映されたのは、踏みにじられた黒の薔薇だった。
/129ページ

最初のコメントを投稿しよう!