16:眼福

1/1
443人が本棚に入れています
本棚に追加
/48ページ

16:眼福

 舞姫へ悪感情を抱いているのは、レーニオ青年に限ったことではない。少なくとも、ここシャフティ市においては。  それほどまでに、先代舞姫は在位期間のたった六年間で、悪徳領主もかくやの活躍を見せていたのだ。  舞姫であることを盾に、様々な飲食店で無銭飲食を繰り返し。  神殿の維持・管理費を無断で持ち出し、贅沢品を買い漁り。  日課の踊りを放棄し。  自分より美人な市民には、会うたびに罵詈雑言、時には暴力を繰り出し。  酔って暴れ。  見目麗しい男性市民数人~十数人と、同時並行に交際し。  また彼らに、金銭や装飾品の貢物を要求し。  そして貢物が滞れば、態度を豹変させ、彼らを足蹴に追い払うのだそうだ。  ついでに言えば、最大十四股の中にディングレイの元同僚である、護剣士も含まれていた。  彼は市民と舞姫との、ドロドロ愛憎劇を二年に渡って繰り広げた結果、「護剣士として不適格」との烙印を押され、現在は南方諸島で警備職に就いているという。  自業自得とはいえ、なんという転落人生だろうか。  レーニオから罵倒を受けた今、先代の所業をやんわり隠していても仕方がないだろう、とロールドとディングレイはぶっちゃけた。  二人の私見や、個人的恨みも交えながら、長々と。  聖域では考えられないような悪辣舞姫ぶりに、当初ケーリィンは青ざめていたが、徐々に二人の恨みが伝播し、最終的には一緒になって怒っていた。  どれだけ街の人をコケにしたんだ、酷い、と淡い金の瞳を義憤で燃やす。  護剣士と神殿管理人と新米舞姫の心が一つになったところで、ある対策が打ち立てられた。  「新しい舞姫様は有害どころか有益ですよ、益姫ですよ」作戦だ。  市内のあちこちを回りながら、市民と言葉を交わし、根気強くケーリィンの人柄を浸透させるという、政治家の挨拶回りのような作戦である。  地道なことこの上ない作戦だが、先代の残した爪痕は深い。それを癒すには、相応の長い時間と根気が必要なのだ。  ディングレイの運転する車で市内を巡り、至るところで冷たい悪意の視線にさらされながらも、ケーリィンはじっと耐えた。  大丈夫、今の自分には逃げ場所も、理解者もいる。そう己を鼓舞し続けた。  また時には、暴言をぶつけて来る住民へプッツンする、ディングレイの存在に助けられつつ、彼を宥めていた。  もちろん、ただ闇雲にドサ回りをしているだけではない。  有能で数多の人脈を持つロールド翁は、市長との面談も取り付け、そこへ複数の新聞社も同席させるよう手配してくれた。  ケーリィンはそれに備え、そして少しでも街が元気になることを祈りつつ、ほぼ無人の礼拝堂で毎日踊り続けた。  レーニオの宣言通り、今まで舞姫の舞曲を演奏してくれていた楽団は、礼拝への参加に拒否を突き付けて来た。  そのため新舞姫お披露目の目途も、未だ立っていない。ロールドは大変悔しがっているが、ケーリィンは実のところ安堵もしている。  なにせ未だに、毎回転んでいるのだ。シャフティ市に災厄が降り注いでいないのが、不思議なほどに。  唯一の観客(というよりも、その鋭い眼光は審判に近い)であるディングレイは、披露二日目にして繁栄祈念の舞を覚えた。凄まじい動体視力と記憶力である。  だがそのおかげで、三日目には彼女が転ぶ前に舞台へ駆け上がり、受け止められるようになっていた。  もはや観客でも審判でもない。外野手だ。  彼女が着任して二週間目の今日も、尻もちをつきそうになった彼女の元へ滑り込み、危なげなく受け止めた。 「本当に毎日、ごめんなさい……」  いつものように膝に乗せられ、ケーリィンはうなだれる。もはや彼のやや過剰なスキンシップに、文句を言える立場ではない。膝がなければ、木床に尻を強打しているのだ。  毎日強打していれば、近い将来、尾てい骨骨折という事態に陥りかねない。  一週間目の時、彼から 「毎日違うところでトチるんだな。特定の振り付けが苦手、というわけじゃねぇみたいだ」 との指摘を受け、そして今日は 「気になったことが二つある。言ってもいいか?」 二点の注意があるらしい。力なく、ケーリィンは頷く。 「はい……」 「あんた、俺の方見てないだろ」 「えっ?」  ぱちくり。ケーリィンは目を瞬かせる。 「踊ってる最中、いつも視線はぼんやりだ。たまにこっちに顔向けても、俺を通り越して礼拝堂の壁を見てる感じがする。トランス状態ってヤツか?」  頭を抱え、踊っている最中の自分を振り返るも、いつも真っ白、無我の境地である。 「うーん……いつも無我夢中なので……」 「それは見てても分かる。なのに失敗する時は、最初に顔を強張らせて、その後で足が滑稽な動きになってる。言いたいこと、分かるか?」 「転び方が喜劇役者みたい、ですか?」  ディングレイはしばし沈黙する。 「……それもあるけどな」 「あるんだ」 「それより気になったのは、あんた、観客の視線に怯えてるんじゃないだろ? 何がそんなに怖いんだ?」  揶揄の色など全く見せず、怖いぐらいの真顔で顔を覗き込まれる。空色の瞳をじぃっと見つめ、ケーリィンは考える。  指摘され、考え、ようやく気付く。  ディングレイの指摘通り、舞の最中は余裕が皆無なため、彼の存在が脳裏から消えている。綺麗さっぱり、跡形もなく。  そして失敗の引き金も、彼──すなわち目の前の観客ではなかった。  失敗をもたらすものは、過去だった。 「いやだあなた! それで踊っているつもりだったの? 身なりも顔も貧相だから、物乞いでもしているのかと思ったわ!」  気付いた途端、すぐ目の前で嘲笑われているかのように。  ヴァイノラの罵倒と、取り巻きたちの媚びた哄笑が、生々しく蘇った。  聖域で、舞の練習の際に笑われた記憶だ。  昔話と一笑するにはまだ新しく、反芻と共に、痛みや苦々しさもぶり返す。  それが閃光のように脳裏で煌めくと、身体は途端に硬直するのだ。本人も気付かぬ内に。  自分は彼女たちに、どれだけ縛られているのだろう。  そう思うと、柄にもなく自嘲めいた笑みがこぼれた。 「……思い出の観客に、怖がってたみたいです。レイさんに言われるまで、気付きませんでした」 「酔っ払いのオッサンにでも絡まれたのか?」  心配そうに眉をひそめる彼へ、ふふ、とケーリィンは微笑む。 「わたしは聖域育ちですよ? 男の人に会うなんて、ほとんどなかったです」 「そうだった、悪ぃ」  いいえ、とケーリィンは首を振る。 「観客は、一緒に育った舞姫でした。わたし孤児で、何やってもドジだったから、よく目を付けられていたんです」 「それでいじめられてた、ってことか……舞姫の割に、性根の腐った連中が多くねぇか?」  舌打ち交じりの彼は、凶悪そのものの顔になっている。不機嫌な彼は、本当に恐ろしい。  だが彼の機嫌を損ねているのは、ケーリィンをいじめた舞姫たちである。彼女はそのことが、卑しくも嬉しかった。  だから心に余裕が出来、やんわりとだが、ヴァイノラたちを擁護する。 「特権階級って言うんですか? 子供心にも、大人が自分たちを特別扱いしてるの、伝わるんです。舞姫は偉い、大事なんだって。だけど子供だから、敬われていることに感謝できなかったんだと思います」 「リィン」  まだまだ慣れない愛称呼びに、ケーリィンは耳まで赤くなる。  じっと彼女を見据えるディングレイは、まだ少し、怒っているように銀色の眉を寄せている。 「あんたもその中の一人だ。少なくとも、俺は──俺と爺さんは、あんたを大事に思ってるし、来てくれて感謝してる」  いつも斜に構えていることが多いディングレイだが、時折こうやって真っ直ぐな好意を伝えてくれる。  それはいつも、ケーリィンの心を温かくした。 「ありがとうございます。わたしもレイさんたちのこと、大好きです」  照れたようにそっぽを向き、ディングレイは癖だらけの髪をガシガシかき回した。  続いてケーリィンの頭も、豪快に撫でる。もはや慣れたその動作に、ケーリィンも頭をぐらぐらさせながら、彼の好きに任せた。 「まぁ、だから、なんだ。あんたが笑われる謂れはねぇし、そんな連中のことは忘れちまえ。どうせもう会わねぇだろ?」  それもそうだ。綿あめみたいになった髪に手櫛を入れながら、ケーリィンも笑う。 「はい。あ、もう一つの気になったことは何ですか?」  ほっこりしたまま、聞き逃すところであった。  市長との面談が、二週間後に控えている。そこで舞を求められる可能性は高いので、気がかりは少しでも減らしたい。 「うん。些細なことなんだけどな」 「些細でも構いません。教えてください」  躊躇を見せる彼に、ギュッと拳を握って強く乞う。  息を一つ吸って、彼は改めてケーリィンを見つめた。 「なんでいっつも、白のパンツなんだ?」 「パッ……?」  一瞬の思考停止の後、ケーリィンの顔は耳まで赤くなった。  はくはくと無言で口を開閉する、言葉を失った彼女に構わず、ディングレイは普段通りの遠慮のなさで続ける。 「正直眼福だったから、転ぶたびにパンチラしてるの黙ってようかと思ったんだが。たまにはレースとか、縞柄も可愛いんじゃ──痛い痛い」  言葉の代わりに、思い切り手の甲をつねって、怒りを伝える。  たおやかな外見に反し、ケーリィンの握力は強い。聖域の清掃活動で培った、雑巾絞り技能のおかげである。  彼女が絞った雑巾は全く水が滴らない、と称賛されたねじり技術を駆使しつつ、涙目でがなった。 「レイさんのバカぁ! しかも、些細じゃない!」 「いや、モロに見えたわけじゃねぇぞ? 転ぶ時にチラッと見えるだけなんだから、些細だろ」 「チラッでもヤなの! なんで教えてくれないの!」 「ご褒美に見せてくれてんのかな、と」 「そんなわけないでしょ!」  つねりを止め、代わりに一つ、手の甲を強く叩く。そして膝から降りようとするも、それは叶わなかった。  暴れる猫を捕獲するように、後ろから抱え込まれる。  なおも抵抗するが、雑巾絞りごときで鍛えられた舞姫と、実戦で鍛えている護剣士では力比べなど無意味である。しばらくジタバタした末、ぐったりとケーリィンは諦めた。  踊った直後の上、朝食もまだなのだ。  不貞腐れた顔で手足を放り出したケーリィンに、ディングレイは笑いを堪えつつ、 「悪かったよ。今度可愛い下着買ってやるから」 「下着の話はもういい!」 謝罪ではなく更なる燃料投下をかましてきたので、顔だけ持ち上げ、歯を見せてうなった。  本気で怒っているのに、ディングレイはとうとう声を上げて笑った。  何故まだ笑うのか、と釈然としない思いを抱えつつも、彼にも随分慣れたものだ、と遠い目になる。  最初は射殺さんばかりの表情に、怯え切っていたのに。  今では不機嫌顔程度なら、さらりと受け流せるようになっていた。  また、自分がこんなにもズケズケ文句を言う度胸があったなんて、知らなかった。  ただこれはきっと、自分が怒っても受け止めてくれる、彼の度量に救われている部分もあるのだろう。  そう考え、自分を抱えている右腕──の赤くなった手の甲を、優しくさすった。感謝と、少しやり過ぎたかもしれない、という謝罪も込めて。  もちろん黙って人の下着を鑑賞していたことは、生涯忘れないが。  明日からは見られてもいいよう、オーバーパンツを履こう、と心に誓う。  そして翌日、 「お、ブルマもありだな」 と、何故かかえって彼を喜ばせてしまい、忸怩たる思いを抱える羽目になるのだが、それは別の話である。
/48ページ

最初のコメントを投稿しよう!